ウッドデッキ世界の常識日本の非常識

ウッドデッキ
世界の常識・日本の非常識
ウッドデッキ 世界の常識・日本の非常識

20年前から当社のウッドデッキ材バイヤーは、毎月のように海外のウッドデッキ材工場に訪問し現地のスタッフとウッドデッキについての話をしています。
そのなかでいつも出る話といえば 「日本のウッドデッキ作りは、世界の常識と違う。日本のウッドデッキ作りは非常識だ」という話題。 いったい何が非常識なのでしょうか?

ウッドデッキ製作についての世界の常識・非常識

アメリカ・ヨーロッパ

床材はいい木材(イペ、アマゾンジャラ、セランガンバツ、イタウバ・・・)を使用するが束柱・大引・根太の基礎部分は安いウッドデッキ材を使用する

→ コストを抑えることができる!!(常識)


日本

床材から基礎部分まで全て同じウッドデッキ材を使用する

→ 無駄なコストをかけている!!(非常識)

常識を裏付ける 世界のウッドデッキの輸入量

ハードウッド ウッドデッキ材のメイン供給国は、インドネシア、ブラジルです。
それぞれの国からアメリカ、ヨーロッパに大量に輸出されます。日本の輸入量の10倍程の購買です。購買をする木材は、高級材のイペ、アマゾンジャラ、セランガンバツ、イタウバがメインです。何と、この4樹種は床材のみで輸出されるのです。
因みに、米国ではハードウッドの一番人気はイペです。欧州はセランガンバツが一番人気です。

構造材についての世界の常識

では、アメリカやヨーロッパでは、どの束柱・大引・根太の樹種を使用しているのでしょうか。

アメリカ
国産の防腐処理をした木材などを使用する
ヨーロッパ
国産防腐処理木材や格安のハードウッド アンジェリーナなどを使用

どのくらい安く済むか

ウッドデッキ作製時に使用する床材・束柱・大引・根太材の構成比率は下記の通りです。

構造材の分約50%の材を安い材に変更するだけで全体のコストが削減できます。
たとえば構造材だけ半値の材に変更すると、全体では25%OFF!
全体で50万円掛かる材なら、およそ12.5万円も削減できるのです。

構造材におすすめの激安、格安のウッドデッキ木材

アンジェリーナ

アンジェリーナ
商品詳細ページへ

イタウバ フィエラ

イタウバ フィエラ
商品詳細ページへ

価格はイペに対して およそ半額以下!

世界の常識にトライ

西洋人は合理的な人種です。見えない部分になぜ、高いウッドデッキ材を使用するのか?
束柱・大引・根太などは安いハードウッド材やソフトウッドの防腐処理剤のウッドデッキ材なら耐用年数も十分だと。確かに、私達の経験則でも安いウッドデッキで基礎が腐ったと聞いたことがほぼありません。