ウリンvsイペ メリット・デメリット比較

ウリン vs イペ
メリット・デメリット比較
ささくれ・トゲ・バリのウッドデッキ補修・防止

天然木ハードウッド人気材と言えば、イペ、ウリン、イタウバです。
特に、一風風靡したイペ材、ウリン材はどちらも、素晴らしい材です。安定性が高く、耐久性が極めて高い高級ウッドデッキ材料です。

さて、このイペ材、ウリン材のメリット・デメリット比較を説明します。

  イペ ウリン
価格 イペ材がウリン材に対し約10%高
加工性(カット、下穴など) どちらも硬いです。ほぼ同等。
耐久性 リーベの見解は、ウリンの方が耐久性が強いと思います。
弱み 木粉によるアレルギーが稀に出ることがあります。 赤い樹液が出ます。しかし、中性洗剤で綺麗になります。供給の安定が悪い時がある。
強み 高級感、日本で約30年前後からの信用のウッドデッキ材・フェンス材です。 かっこいい。イペと同様に日本で約30年前後からの材ですので信用のウッドデッキ材・フェンス材です。
ささくれ 多少出る あまり出ない
安定性 イペが最も安定性が高いウッドデッキ材・フェンス材です。
安定性 多少、イペが勝ると言われています。
サイズ イペは大木ですので、大きなサイズが使用可能です。

ウリン、イペ それぞれの施工写真

ウリンのデッキの写真
ウリンのデッキの写真
ウリンの施工例一覧へ
イペのデッキの写真
イペのデッキの写真
イペの施工例一覧へ