ウリンのメンテナンス・手入れ・塗装とウリン材の樹液問題

ウリンの樹液と
メンテナンス・手入れ・塗装
ウリンのメンテナンス・手入れ・塗装とウリン材の樹液問題/ウッドデッキのリーベ

全てのウッドデッキ材は大なり小なり樹液(灰汁、アク)を持っています。特に、ウリンは樹液が多く、濃い赤色の樹液がでます。

ウッドデッキやフェンスを作った際に樹液(灰汁、アク)対策を見逃してはいけません。注意点など、有益な情報をお届けします。

樹液問題の解決方法

様々な条件により、樹液がなかなか止まらない場合もありますので、樹液がなくなるまでは自己責任で確認を願います。

  1. ウリンの樹液(灰汁、アク)の問題は、ウッドデッキ・境界線フェンスの地面がどのような素材かが問題です。土ならば問題ないです。問題になるのは、ウリンの樹液が染みてくるコンクリート、タイルなどです。
    *境界線のフェンスは、隣家に樹液が落ちる可能性があります。注意を。
  2. 一番いい方法は、ウリン材が届いたら、土の上にウリン材を台棒に乗せ、各材を多少の間隔を開けて置く。5-10日間の雨、又は1-2週間、水道水を20分前後ほどかけ続ければ、樹液(灰汁、アク)はほぼ無くなります。
    *ウリンの樹液は人体に害はありません。
  3. 施工後にウリンのフェンスから出た樹液
    ▲ 施工後にウリンのフェンスから出た樹液
    ウッドデッキ・境界線フェンスが完成したら、毎日、水をまいて樹液(灰汁、アク)を放出させる。
    水をかけて1-2週間経過をすれば、ほぼ樹液(灰汁、アク)は抜けます。
  4. 2階建て車庫デッキ、ベランダテラス・目隠しフェンスの下にはほぼコンクリートです。樹液が出なくなるまで駐車してはいけません。
    他に駐車スペースがない場合は、カバーをすることが重要です。
  5. 樹液により、コンクリート、タイル、コンクリートブロック等が汚れた場合の解決は、中性洗剤のキッチンハイターなどを使用し、たわしやモップでこすればきれいに落ちます。

実際の写真

実際の写真
実際の写真
実際の写真
実際の写真

ウリン材の手入れ

ウリンは手入れは不要くらい優等生です。手入れは、多少のささくれだけです。
細かいささくれが出た場合は、ウッドデッキの床、フェンス手すりなどをサンドペーパー(200番推奨)で削ってください。きれいになります。

ウリン材の塗装

ジャラオイル
ジャラオイル販売ページ

基本、塗装は不要です。但し、ウリンも紫外線により変色します。
夏を越すと赤色からシルバーグレーに変色します。赤色を保持するためには塗料が良いです。
お勧めは、ウリン材に合う、ジャラオイルです。変色が起こったら適時、ジャラオイル塗料をメンテンナスをするのが良いです。