間違わないウッドデッキ材の選び方

image

ウッドデッキ作りたいけど、…
何の材料を選べばいいのかわからない。
デッキ材の違いが良くわからない。

そんなあなたへ、
ウッドデッキ通販日本一の専門店リーベが
アドバイスいたします!

ウッドデッキ全種一覧
ウッドデッキ全種一覧

ウッドデッキ材の種類

ウッドデッキの素材には、大きく分けて天然木と人工木材・樹脂木材があります。

DIYでウッドデッキを作る方の大半は天然木を選びます。「どうせ作るならやっぱり天然木でしょう!」 という方が多いのです。

天然木はハードウッドとソフトウッドと防腐注入木材に分けられます。 そしてそのうち、 リーベのお客様が 最終的に選ぶのは、6割がハードウッド、2割が防腐注入木材、2割がソフトウッド です。そこで、ウッドデッキの選び方を説明していきます。

主要な材の参考:
ハードウッド:ウリン、イタウバ、イペ、アマゾンジャラ、セランガンバツなど
ソフトウッド:レッドシダー、SPF材
防腐注入木材:大日本ウッドヒノキ、大日本ウッド 杉

ソフトウッドって?

ソフトウッドって?

ソフトウッドとは、文字通り柔らかい木材です。
比較的安くて手軽に買えるのと、節が多い、加工性が良い、雰囲気が良いのが人気です。

例えば、ホームセンターなどで良く売られている SPF 材などのソフトウッドは 価格が安くて良いなぁーなんて思ってしまうかもしれません。
でも、こういった軽い材は、1~2年で腐ってしまうんです。
理由は単純で、木そのものが強くないからです。
虫に食われたり、水が浸透したりして、腐朽菌ですぐに腐ってしまいます。

ソフトウッドの中では耐久性が高いヒノキや杉でデッキを作っても、 メンテナンスをしなければ2~5年で腐っていきます。
こまめに防腐防蟻塗料を塗り直せば、ある程度は長持ちさせることが出来ます。
けれど、それにも限界があります。 特に基礎・土台部分や根太部分はメンテナンスが難しいので、 そこから老朽化してしまいます。

メリットは、ウッドデッキ施行をする際に、寸法カットやコーススレッドを打つなどの加工が簡単なのです。

防腐注入木材って?

まずは、防腐注入剤ってご存知ですか?
防腐注入剤は、政府が認定した JIS A 9002「木質材料の加圧式保存処理方法」に準拠した安全、安心の防腐剤なのです。
有名な防腐剤「タナリスCY」、「AAC」特に、AACは自然由来(やし油が原料)の優しい防腐剤でおすすめです。

さて、杉、ヒノキ(桧・檜)の防腐注入木材とは?
防腐剤を木材の芯まで浸み込ませるんです。それによりハードウッド並みの高い耐久性を維持できるのです。
防腐防蟻加圧注入加工木材は、ウッドデッキ材・ウッドフェンス材などとしては、理想な材料なのです。
15年以上の高い耐久性が見込める。加工が楽。価格が安い。施行費用が安くなる。デッキ材の相場の中で大変安い。
最高のコストパフォーマンス ウッドデッキ材です。
ヒノキ(桧・檜)のウッドデッキ・ウッドフェンス・外壁・板塀などのDIYは、初心者でも簡単に作製が出来ます。

97年創業の防腐剤の king 大日本木材防腐(DMB)から仕入れた防腐注入木材は、 日本でも最高の防腐注入ウッドデッキ材です。

防腐木材を選ぶ際は注意が必要です。
・木材の表面へ「塗布」をするだけの木材は直ぐに腐ります。
・政府からの認証を頂いている防腐剤(アクアアリゾール)を選びましょう。

デメリットは、納期です。納期は2週間ほどかかります。
ポジティブに考えれば、デッキ材のフレッシュ便ですね!しかも品質が100%素晴らしい。

じゃあ、ハードウッドって何?

images

ズッシリと重いハードウッドは高級感があります。 ただ、価格を見て高いなあと感じる方もいるのではないでしょうか?
ウッドデッキ施行時に電動丸ノコやインパクトドライバーが必須です。

けれど実は、ハードウッド製のウッドデッキはソフトウッド製よりも断然低コストなんです。
一生、家の一部の部屋となる「ウッドデッキリビング」として一生涯長く使えるのです。

10) 「メンテナンスを考える」の下の文面を変更

ソフトウッド製のウッドデッキはメンテナンスが大切です。
雨が当たる場所に設置するのが普通なので、防虫防腐剤が入った塗料で塗装が必要になります。

塗装メンテナンスの目安は2年、理想を言えば1年。
残っている塗料を剥がし、汚れがひどければきれいに掃除し、サンダーがけをして再塗装します。

しかし、これだけのメンテナンスをかけてもソフトウッドは数年しか持たないし、塗料代もばかにはなりません。
例えばSPF材で作ったウッドデッキを15年使うとすると、上記の費用 300,000円に加えて、防腐塗料代
(1回5,000円程度)、作り直す時の解体費用、使えなくなった材の廃棄費用などもかかってしまいます。
ざっと40万円以上の費用になってしまうでしょう。

その他、木材のひび割れ補修、ささくれ、トゲの手入れメンテナンスは必要です。
まあ、素足で歩く日本人は少ないので問題ないとは思います。
ただ、手すりには気をつけてください。

一方、ハードウッドは塗装のメンテナンスはほぼ無しでもOKです。
水に浸かったまま何十年も使える樹種があるほどです。公共施設のウッドデッキの多くがハードウッド
である理由がお解り頂けるかと思います。 つまり、ハードウッドは初期費用の150,000円と、
たった1度の労力で済んでしまいます。

防腐注入木材はご存じの通り、安くて、ハードウッド並みのウッドデッキ材ですから
リーベでは大日本ウッド 杉ヒノキを勧めます。

この時点で既に ハードウッドのほうが断然お得 ということになりますね!

ちなみに、メンテナンスフリーという点では樹脂製デッキ・人工木デッキもハードウッドと同様です。

天然木のぬくもりを大切にしたいリーベとしましては、断然ハードウッドと防腐注入木材を推すところですが、
これはお好みやご用途でお選び下さい。

どっちが得なの?

結論としては、ハードウッドの方が圧倒的に得です。

表面的な価格だけで見れば、確かにソフトウッドの方が圧倒的に安いです。
でも、 初期費用だけで判断をしてしまうと後で後悔することになります。
実は、ハードウッドって ものすごーくお得なんです!

どのくらいコストパフォーマンスが優れているか、簡単にシミュレートしてみましょう。

材料費の比較条件:10平米のウッドデッキ 15年使用

image

ここで、「ハードウッドは高すぎる!」なんて思わないでください!
大事なのはここからなのです! ここからが損をしないポイントなんです!

先程もお伝えしたとおり、SPF材は耐久性が非常に低いので、
毎年の防腐処理、メンテナンスが必須 になります。

ハードウッドは、メンテナンスなしでもOKなのです!

同じ期間で比較条件:10平米のウッドデッキ 15年使用

image

デッキ材の価格だけでこれだけの開きが出てきます。 もちろん、仕上がりの見栄えを考えれば、どちらが お勧めなのかは言うまでもないでしょう。

メンテナンスを考える

image

ソフトウッド製のデッキキットはメンテナンスが大切です。 雨が当たる場所に設置するのが普通なので、防虫防腐剤が入った塗料での塗装が必要になります。

塗装メンテナンスの目安は2年、理想を言えば1年。
残っている塗料を剥がし、汚れがひどければきれいに掃除し、サンダーがけをして再塗装します。

しかし、これだけの手間をかけてもソフトウッドは数年しか持たないし、塗料代もばかにはなりません。 例えばSPF材で作ったウッドデッキを15年使うとすると、上記の費用 300,000円に加えて、防腐塗料代(1回5,000円程度)、作り直す時の解体費用、使えなくなった材の廃棄費用などもかかってしまいます。ざっと40万円以上の費用になってしまうでしょう。

一方、ハードウッドはメンテナンスなしでもOKです。
水に浸かったまま何十年も使える樹種があるほどです。公共施設のウッドデッキの多くがハードウッドである理由がお解り頂けるかと思います。 つまり、ハードウッドは初期費用の150,000円と、たった1度の労力で済んでしまいます。

この時点で既に ハードウッドのほうが断然お得 ということになりますね!

ちなみに、メンテナンスフリーという点では樹脂木も、ハードウッドと同様に初期費用が高いというだけで済みます。 天然木のぬくもりを大切にしたいリーベとしましては、断然ハードウッドを推すところですが、これはお好みやご用途でお選び下さい。

ハードウッドの可能性

image

ハードウッドで作ったウッドデッキならば、15年と言わず、もっともっと持ってしまうかも知れません。持つことが期待できるのです!

現に、サイプレスの原産地オーストラリアでは100年以上前にサイプレスで作ったウッドデッキが今も存在しています。

もし、SPF材で作ったウッドデッキを100年持たせるとすると、材料費だけで100万円以上ですね。
ハードウッド(サイプレス)だと、150,000円ポッキリ。 850,000円以上もハードウッドがお得ということになります。

どうですか?これを見ると、ハードウッドがどれだけお得か 分かりますね!
ウッドデッキを作る際には 是非とも ハードウッドで製作すること をおすすめします。

損得だけではなく、ハードウッドは本当に素晴らしいのです。
見た目の高級感、どっしりとした重厚感、本物の木の質感。

たくさんの、たくさんのお客様から15年間喜びのお言葉をいただいて来ました。
これからの方にも、ぜひ ハードウッドの素晴らしさ を味わって戴きたいと思います。

じゃあ、どのハードウッドがいいの?

ハードウッドといえば『ウリン』という方が多いですが、実際に購入されるのはサイプレスやイタウバが多数派です。 基礎と床板を別の材で作成してコストを削減するという、通なやり方もあります。 様々な角度からお選び頂けるように一覧にしてみました。

木材の特性から選ぶ

耐久性サイプレスイタウバ – マットグロッソウリン
イペアマゾンジャラ
防虫性サイプレス
加工性サイプレスイタウバ-マッドグロッソ
価格の安さイタウバ – フィエラアンジェリーナ

木肌・木目 から選ぶ

imageimage

サイプレス
白っぽくやさしいイメージです。華やかな節がいかにも天然木らしく、和風建築にも似合います。

» サイプレスの詳細

imageimage

イタウバ
茶色が濃く、高級感のある木材です。油分が多いので非常になめらかな肌触りです。 シンプルで海外風のデザインによく映えます。

» イタウバの詳細

ウリンウリン

ウリン
濃い赤褐色で人気のカラーです。比重が高く高密度ゆえの滑らかな木肌はウリン特有の美しさです。

» ウリンの詳細

防腐注入木材は、どの木材がいいのか?

一番オススメは、ヒノキ(桧・檜)です。

ヒノキ(桧・檜)は古来から強度を持つ木として実証されています。
ヒノキ(桧・檜)の特徴は、高い耐久力と素晴らしい香り、水に強い、木肌がきれい。
世界でも評価される木材です。

ヒノキ(桧・檜)は防腐防蟻加圧注入加工をすることで、更に耐久性が高まります。
タナリス防腐なら土に接していなければ20年以上耐久性が期待できます。

ウッドデッキ材、ウッドフェンス材として、屋外・エクステリアで使用する場合は最適な木材なのです。

そして、加工が簡単なので、初心者DIYでもウッドデッキ、ウッドフェンス作れます。

ウッドデッキ材の名称

床材・面材

床材・面材

面材とは板状の材の総称です。 ウッドデッキの場合、床板に使用する材(床材)を指します。 美しさが重要なのはもちろん肌触りも大切。そりや曲がりが出やすい材は作成の際に作業しづらいので、安定した性質の材を選ぶと良いでしょう。

※天然木は多少のそりや曲がりは出るものです。 心もち強引に作業することで美しく仕上げられます。

床板の張り方

根太材

根太材

床板を支える横板です。床板に対し直角に配置されます。 床材を打ち付ける下地なので、たわみにくく、釘が緩みにくい硬い材を使います。

根太・根がらみの取り付けについて

角材・柱材

角材・柱材

90角(90×90mm)の角材が基本的です。
間隔を広げすぎないのであれば、70角で作成することも可能ですが、ハードウッドは重いので、強度には充分ご注意ください。

パーゴラやフェンスを立てる場合は、長く作っておきます。

支柱・根太の取り付けについて

フェンス材

フェンス材

フェンスのないフラットなタイプのウッドデッキも人気が出てきましたが、目隠しや間仕切りとしてのフェンスの役割は重要です。 基本的には床板や柱材と同じ材で作るか、同じ色の塗料で塗装すると良いでしょう。

ハードウッドの中から、フェンス材として使いやすい樹種を幾つか選びました。 もちろんウッドデッキとは別に、自立型のフェンスを作るのにも使えます。

DIYでつくるウッドフェンス

まずは、手に取ってお確かめください

天然木デッキ材 カットサンプル

image

ハードウッドをはじめとするラインナップから3種類をお選び頂けますので、比較してみたい方にもおすすめです。

※在庫状況により、一部の材が欠品になる場合がございます。
※天然木ですので、カットされた場所によって色や斑に差があります。
ご了承ください。

人工木デッキ材 カットサンプル

image

色の比較にはとても便利です。また天然木カットサンプルとの比較もおすすめです。 ラインナップから3種類をお選びいただけます。

※在庫状況により、ご用意できる材が異なります。

サンプルのお求めはこちらから »