ウッドデッキのフェンスの作り方

DIYで通し柱のフェンス&デッキを作ろう!

同時にいっぺんに作ってしまえば、面倒な手間が省けるんです。
デッキ+○○=構造上にも強くなるので、実はおすすめの施工方法なんです。

○○の中には自分が思い描く理想のお庭のアイデアを入れるだけ! 奥様は、部屋から出たら直ぐに洗濯物が干せるように洗濯干し柱。 お子様はお庭から自分の部屋へと続く二階建てと、ワクワクする階段。 旦那様にはくつろげるサンルームやガーデンハウスも良いですね。


image image image image image image image image image

「デッキと同時に作るフェンスって、作るの難しいんでしょ?」

実は、基本的な構造がわかっていれば、とても簡単なんです!

90角の柱を通し柱として活用することにより、フェンス、パーゴラ、物干し竿用の柱などの様々なシーンに活用いただけます。

耐久性の高いハードウッド材(イタウバ、サイプレス、アマゾンウリンなど)を使って、デッキと同時に作る構造部分を紹介しちゃいます♪

柱が組み上がれば、後のデザインは千差万別! 自分好みのデザインにして差をつけましょう!

♠ 今回の材料

  • サイプレス : 90×90 (柱用)
  • サイプレス : 38×90 (根太・根がらみ 用)
  • サイプレス : 20×105 (床・フェンス・幕板 用)
  • 錐込隊長  : 4.5×65 mm

» サイプレス » 錐込隊長

♠ 今回の工具

  • インパクトドライバー
  • 丸ノコ
  • 皿取錐(GK-031) 3.5×101 mm

» 皿取錐

♠ サイズについて

今回は、通し柱の構造を案内する目的で、
W900 × D900 × H320 mm のサイズのものを作成しました。

» 根太ピッチについて

完成写真

完成写真

(構造部分を見ていただくため、床板は一部分しかセットしていません)

組み立ての手順

1.柱を根太でサンドしよう!

2.根がらみを取り付けて4本の柱を合体させよう!

3.フェンス上部の、笠木を取り付けよう!

4.床板と幕板を設置しよう!

5.フェンス板を取り付けよう!

6.完成!

デッキの上に金具などで後付けでフェンスを取り付けることも可能ですが、デッキと同時に作ることで、より強固な構造になりやすいです。

image
image

デッキ材をお探しは、コチラから