ウッドデッキのフェンスの作り方

DIYでデッキの通し柱 + 目隠しフェンス でデッキを作ろう!

デッキ作りと同時に目隠しフェンスを同時に作っれば、様々なメリットがあります。

ウッドデッキ+フェンス = ウッドデッキフェンスが構造上にも強くなるので、DIY施工の際は、実はおすすめの施工方法なんです。
デッキ用フェンスは自分が思い描く理想の生活にに合わせ、アイデアを入れるだけ! 昨今は、目隠しフェンスが大人気です。隣家、近所などから自然が気にならない。
奥様はLivingから出たら直ぐに洗濯物が干せる。 お子様はウッドデッキで安全に遊べる。 愛犬も同じく安全に遊べます。 旦那様の喫煙(笠木に灰皿、手すりに寄りかかれる。 屋根も付けちゃうと雨よけになり、もっといいですね。

ウッドフェンス施工イメージ

ウッドデッキの目隠しフェンスの作り方は下記に記した施工方法を御覧ください。目隠しフェンスは、どれほどの間隔を開けるかが重要です。あまり開けると目隠し効果が薄れます。間隔を詰め過ぎれば風通し、光が差さない。縦格子、横格子のデザインもおしゃれなフェンスかかっこいいフェンスかなど検討。簡単にDiyで設置するなら目隠しフェンスパネルがオススメ

施工例が沢山ありますので、御覧ください。

ラティスタイプ、樹脂タイプなど様々なものがあり、お家の外観をオシャレにしてくれるエクステリアという点でも注目を集めています。

作り方の素材:
作り方・施工方法を説明する素材は、木材ですが、人工木・樹脂木でも同じ様に作れます。
但し、角材は天然木になります。

手すりは重要:
  • 手すりの上に洗濯棒を置けます。
  • 手すりの上にコーヒーカップを置けます。
  • 手摺の上に灰皿を置けます。
  • 手摺の幅は105mmほどの幅は欲しいですね。
  • 手摺はささくれ、トゲもでてくることもあります。
ウッドデッキフェンスの後付方法:

このような方法があります。
どれも問題なく、後付でフェンスが設置できます。


ウッドデッキフェンスのデザイン:

人気は、目隠しフェンスです。目隠しのデザインフェンスは、ルーバー、縦格子デザイン、縦板デザイン、横板デザインが主流です。
その他、クロスデザイン、縦板ミックスデザイン、ラティスデザインです。

「デッキと同時に作るDIYフェンスって、作るの難しいんでしょ?」

実は、基本的な構造がわかっていれば、とても簡単なんです!

90角の柱を通し柱として活用することにより、フェンス、パーゴラ、物干し竿用の柱、ブランコ、ハンモックなど様々なシーンに活用いただけます。

耐久性の高いハードウッド材(ウリン、イペ、イタウバ、サイプレス、セランガンバツー、アマゾンジャラなど)を使って、デッキと同時に作る構造部分を紹介します。

柱が組み上がれば、後のデザインは千差万別! 自分好みのデザインにして差をつけましょう!

♠ 今回の材料

  • サイプレス : 90×90 (柱用)
  • サイプレス : 38×90 (根太・根がらみ 用)
  • サイプレス : 20×105 (床・フェンス・幕板 用)
  • 錐込隊長  : 4.5×65 mm

フェンス材商品一覧はこちら » サイプレス » 錐込隊長

♠ 今回の工具

  • インパクトドライバー
  • 丸ノコ
  • 皿取錐(GK-031) 3.5×101 mm

» 皿取錐

♠ サイズについて

今回は、通し柱の構造を案内する目的で、
W900 × D900 × H320 mm のサイズのものを作成しました。

» 根太ピッチについて

完成写真

完成写真

(構造部分を見ていただくため、床板は一部分しかセットしていません)

組み立ての手順

1.柱を根太でサンドしよう!

2.根がらみを取り付けて4本の柱を合体させよう!

3.フェンス上部の、笠木を取り付けよう!

4.床板と幕板を設置しよう!

5.フェンス板を取り付けよう!

6.完成!

デッキの上に金具などで後付けでフェンスを取り付けることも可能ですが、デッキと同時に作ることで、より強固な構造になりやすいです。

image
image

デッキ材をお探しは、コチラから

image image image image image image image image