ラティスを使ったフェンスの作り方

ラティスを使ったフェンスの作り方

手軽に・簡単に。 ラティスデザインのおしゃれなフェンスを作ってみよう。


用意する材料フェンスパネル(900×900 , 900×1200 , 900×1800 など)、
笠木材(20×105 , 38×90)、柱材(70×70 , 75×75 , 90×90)、
ステンレスビス(41mm, 75mm)、フェンスブロック90角用、モルタル
用意する道具インパクトドライバー、ノコギリ(丸のこ)、錐(キリ)、
屋外木部用防腐塗料、スコップ、バケツ、水平器、クランプ

▼ おすすめの材サイズ ▼ おすすめの道具

フェンスパネルの構造

image

作り方の手順

1.設置場所とサイズを決める

まずは、フェンスを作る場所とおよそのサイズ(幅と高さ)を決めましょう。

簡単な図面を作成して、必要なパネルの数とサイズを確認します。

    [Point]
  • 柱の間隔は 0.9~1.5m
  • 柱を直接地中に埋設する方法の場合は、フェンス高の2分の1の長さを埋めてください。(フェンス高2mの場合1m埋めます)

2.基礎を作る

フェンスを立てる場所を決めたら、まずは柱を立てる位置に穴を掘りましょう。 深さはフェンスブロックがほとんど埋まるくらい。

    [Point]
  • 底を柱など重たいもので突固めてからフェンスブロックを配置するといいでしょう。

3.柱を立て、フェンスパネルを付ける

柱をフェンスブロックに差し込んで、まずは仮置きをしましょう。

次に、柱の高さをある程度揃えてパネルをクランプなどで仮固定します。 安定した状態になったらコーススレッドビスで4~6箇所固定します。

    [Point]
  • フェンスパネルを1枚固定したら次の柱を置いていくと、作業がスムースに進みます。
  • 設置場所の地盤が軟弱、フェンスの高さが1800mm以上、フェンスが直線のみで長いなどの場合には、方杖(控柱)を入れることをおすすめします。

4.笠木を付ける

柱の小口に笠木材を固定して連結します。

    [Point]
  • 笠木が無い場合柱のねじれや曲がりが起る場合がございます。
  • フェンスや柱の保護にもなるので、笠木は必ず付けるようにしてください。

5.柱を固定する

水平器で笠木の水平、柱の垂直と間隔を確認し、全体の場所を決めます。
場所を決めたら、柱とフェンスブロックの隙間にモルタルを流し込みます。

    [Point]
  • モルタルを練る際、標準よりも水分を多めにする方が、隅まで届きます。
  • 木材を直接土に触れさせてしまうと腐りの原因になるので、なるべく地面すれすれまでモルタルを流し込んでいただくことをおすすめします。

おすすめの材サイズ

フェンスパネル
フェンスパネル

W900×H900
W900×H1200
W900×H1800
 … など

笠木材
笠木材

T20×W105
T38×W90

柱材
柱材

T70×W70
T75×W75
T90×W90

みんなの施工例

» もっと施工例を見る

自分だけのアレンジを加えたいと思うなら … » 目隠しボーダーフェンスの作り方