目隠し樹脂フェンスキットの木目ウッド調 ロワール施工工事に挑戦!約2時間で完成

初心者でも比較的簡単ににフェンスが設置できるというおしゃれな「木目ウッド調 ロワール」を使って、 DIY初心者が施工工事に挑戦してみました!
今回の施工工事は、何と!3ステップで、「約2時間ほど」目隠し樹脂フェンスが完成します

比較的カンタンにフェンスが設置できるという「ロワール」を使って、
DIY初心者の弊社スタッフが設置に挑戦してみました!

今回の施工は以下の3ステップで完成します

STEP1.フェンス用の束石を使用して基礎を作る
STEP2.ロワールの支柱を立てる
STEP3.横張りの板を差し込み固定する

高さ180cmの目隠し樹脂フェンスが出来ました。

image

image

目隠し樹脂フェンスキットのロワールは、施工する部材は全てセットでに含まれています。
フェンスのキットとして、DIYで約2時間で施工ができるのはいいですね。
目隠しのあんばいもよく、圧迫感も無く、自然な目隠し樹脂フェンスに仕上がりました。
今回は2スパンだけの設置でしたが、「連結すれば」長いフェンスを設置することも可能です。


[結論]

一人での施工作業は目隠しフェンス板を差し込む時に少々難しい気がしますが、施工が出来ました。
一人でも出来ますが、 おすすめは二人作業で、ラクラク設置です。奥さんが少し、1KGくらいの板を押さえるだけで早く出来ます。
施工する時のポイントとしては、下記があります。

目隠しフェンス板は、一番下の板 と 一番上の板 を先に差し込み軽くネジで固定。 そして間の板を差し込む。という順番が効率が良い。
目隠しフェンス板をすべて差し込んだら、遠目からフェンス柱が傾いていないかをチェックする。 柱が傾いているようだったら、目隠しフェンス板の一番上と一番下の見えている部分の長さを計り同じ長さに調節する。 それでも柱が斜めになっている場合は、フェンス束石の位置を動かしたりして柱が地面と垂直になるようにする。
フェンス束石は、上記の調節が終わり、完全固定する時の最後の最後にモルタルやセメントで固定します。

ロワールの詳細に戻る »