束柱材・大引・根太材・柱材用の基礎・土台の作り方

ウッドデッキの基礎が終わったら。デッキ材の基礎材を取り付けます。 デッキの床を支える 束柱材・大引・根太材・柱材・根太がらみを組み立てればほぼ労力は少なくなります。 さあ、楽しいウッドデッキをDIYで作ってみましょう

束柱材(大引、根太材、柱材、角材)根太をサンドイッチ工法で組み立てる

羽子板束石を全て置き終えたら束柱を立てます。

その後、根太を取付けます。 根太ピッチは600mm程度。(※構造により異なります)

基礎石に束柱を立て、束柱の側面に根太を止めます。

基礎で水平を出していない場合は、束柱が立った時点で水糸を張り、根太が水平になるように水平機なども使って調整しつつ、 束柱に根太をビス(ステンレスコーススレッド)で止めてください。 もちろん、根太から束柱が飛び出さないように! マイナス10mmが基本です。

image

基準となる1列を家側につくる。 » 高さや根太の長さ・水平は正確に!!

下記を基準に対して、水平にデッキの外側の根太を張り巡らします。

image
image

image

ここで羽子板束石(基礎石)で水平をとってもよい。 砕石の量で水平の調整してもよい。 ここで水平をとらない場合は、束柱で水平を出してください。

ウッドデッキ作りは水平を取ることが大切です。

image

床板を支える根太を張ります。 基本的には床板に対して直角になるようにします。

大引工法の根太の組み立て方

90×90mmの角材を根太として使用してウッドデッキを作る工法を大引工法と言います。

羽子板付きの束石に90角を置き、羽子板と90角をビスで連結します。 その90角の上に面材を留めて完成です。

簡単な施行方法ですが、一点注意は、水平をしっかりさせること。 *図面で説明をしているサンドイッチ方式ならば、束柱の高さがバラバラでもサンドイッチをする通し 根太で水平を調整をします。