決済に関する重要なお知らせ

システム改善に伴い 2017年5月18日(木) 19:00 より クレジットカード決済を休止しております。

縦格子フェンスの作り方

手入れが楽で防犯対策にも優れた縦格子のフェンスを作ろう!

人気上昇中の縦格子のフェンスは、目隠しや防犯の効果が高いだけではなく、埃や水がたまりにくいので掃除やお手入れも楽です。 素材やデザインの種類も豊富で、和風の家にも洋風の家にも合うテイストが必ず見つかります。 DIY初心者から上級者まで、施工の達成感と仕上がりの満足感をお約束します。


用意する材料 フェンス用板材(20×80、20×90、20×120 など)、
笠木材・横桟(38×90、30×105)、柱材[70×70、75×75、90×90)、
ステンレスビス(41mm, 75mm)、フェンスブロック(70角, 90角用)、モルタル
用意する道具 インパクトドライバーノコギリ(丸のこ)錐(キリ)屋外木部用防腐塗料
スコップ(ダブルスコップ)、バケツ、水平器、クランプ

▼ おすすめの材サイズ ▼ おすすめの道具

縦格子フェンスの構造

image

作り方の手順

1.設置場所とサイズを決める

image

まずは、フェンスを作る場所とおよそのサイズ(幅と高さ)を決めましょう。 簡単な図面を作成して、必要な材料の数とサイズを確認しておきます。

製作作業を進めてからでは変更が難しくなることが多々あります。 あらかじめ確認しておくことが重要なポイントです。

    [Point]
  • 柱の間隔は 900~1200mm
  • 柱を直接地中に埋設する方法の場合は、フェンス高の2分の1の長さを埋めてください。
    (フェンスの地上高が 1800mm の場合、600mm ほど埋めます。)

2.基礎を作る

image

フェンスを立てる場所が決まったら、柱を立てる位置に印をつけておき、穴を掘ります。
穴の広さは使用するフェンスブロックの2倍ほどの大きさで、穴の深さは柱の長さの 1/4 程度(フェンスブロックが完全に埋まる深さ)を掘ります。

    [Point]
  • 低めのフェンスの場合でも、最低 60cm の深さまで柱を埋めましょう。
  • 底を柱など重たいもので突固めてから砕石するといいでしょう。

3.柱を立てて、笠木を付ける

image

柱を穴に入れて、仮置きしましょう。
次に、柱の高さをある程度揃え、柱のてっぺん(柱材の小口)に笠木材(笠木を付けない場合は横桟)を固定します。

    [Point]
  • ブロックがグラグラするようなら、もう一度穴の底の砂利を調節してフラットな状態にしましょう。

4.水平をとり、柱を固定する

image

水平器で柱の上面の水平と垂直をチェックします。
柱が低い場合は、底面に土を足すなどして調整をしてください。 位置をきめたら基礎ブロックの周りの隙間にも砂利と土を埋めてゆきます。

基礎ブロックから数センチ下までを目安にしてください。 位置を決めたら隙間にモルタルを流します。

    [Point]
  • モルタルを練る際、標準よりも水分を多めにする方が、隅まで届きます。
  • 木材を直接土に触れさせてしまうと腐りの原因になるので、なるべく地面すれすれまでモルタルを流し込んでいただくことをおすすめします。

5.横桟を付ける

image

モルタルが固まって全体的にシッカリと安定したら、横桟を取り付けます。
板の上から柱に向かってビスを打ち込みましょう。

    [Point]
  • 縦格子のデザインによって、横桟を表から付けるか裏側から付けるか異なります。
  • 横桟の間隔を約1000mm以内にすると強度が保たれます。 フェンス板のネジレ防止にもつながります。

6.縦格子の板を貼る

image

横桟に縦板を貼ってゆきます。 あらかじめ横桟に印をつけ、等間隔になるように板をビス留めします。 すべての縦板に横桟が当たる位置になる場所に印をつけておくと、縦板の上端を揃えやすいです。

    [Point]
  • 板の隙間が狭いほど空気抵抗を受けやすくなります。
    空気抵抗を考慮して板と板の間隔を決めましょう。
  • 地面に余った材などを置いて板が同じ高さになる目安にすると、ヒットミスが出にくくなります。
image

7.揺れ止めをつける

image

独立基礎の場合、ある程度高くできますが、1800mm前後までです。 特にフェンスの高さが 1300mm、1500mm を超える場合には、フェンスに直角部分がない1辺だけだと不安定で揺れやすくなります。 必ず、直角の支え:揺れ止め(控え柱・方杖)を数ヶ所入れるようにしたり、レイアウトを工夫して直角になる部分を作るようにしてください。


image

地盤が軟弱な場合や、フェンス高が 1300mm、1500mmを超える場合には、揺れ止め(控え柱・方杖)を入れて補強してください。

フェンス高が 1500mm 以上の場合には、揺れ止めを柱2本に対し1本の間隔で入れる様にしてください。

縦格子のデザイン

板張りフェンス

一般的な縦格子の板張りフェンスです。 隙間の感覚や高さによって印象が変わります。


板塀

日本では古くからある板塀です。
表と裏に板を交互に貼るため、外から見えませんが、風は通ります。


ウェーブ型のフェンス ウェーブ型のフェンス

ウェーブ型のフェンスは、加工が面倒ですがおしゃれな印象です。
縦格子ならではのシルエットです。

おすすめの材サイズ

フェンス板材

T20×W80
T20×W90
T20×W120 … など

» フェンス板材 一覧

横桟・笠木材

T38×W90
T30×W105 … など

» 笠木材 一覧

柱材・格子用角材

T70×W70
T75×W75
T90×W90 … など

» 柱材 一覧

おすすめの道具

インパクトドライバー

BOSCH GDR14.4V-LIN
錐(きり)

皿取錐(さらとりきり)
ビス

錐込隊長
屋外木部用防腐塗料

ウッドステインプロ

» 皿取錐 » 錐込隊長 » ウッドステインプロ


フェンスブロックを使って施工する場合

フェンスブロック

フェンスブロック

地面に直接埋設せず、フェンスブロックを使う方法なら、深く柱を埋設しなくても良いので施工が比較的楽になります。

柱のサイズに合わせてフェンスブロックのサイズを選びましょう。

» 70mm角サイズ用 » 90mm角サイズ用

ウッドデッキの上に施工する場合

つむ木90

つむ木90・つむ木70

既存のウッドデッキの上にフェンスを後から立てたい場合は、柱材固定金物がおすすめです。 ハードウッド、ソフトウッドどちらでも使用可能です。

高さ900mm以上の柱を設置する場合は、支え柱を併せて設置してください。

» つむ木90/90角支柱用 » つむ木70/70角支柱用

注意事項

  • 設置場所やフェンスのサイズ、使用する材の重さなどにより仕上がりが変化します。 上記の施工方法は目安です。 実際の状況により強度を高くするようにしてください。
    具体的には… 柱を太くする、柱の間隔をつめる、補助金具を使う … などです。
  • サイプレスやウリンなどのハードウッド材は非常に硬いので、必ず下穴を開けておいてからビスを打ち込むようにしてください。
  • 塗装する場合は、材料を組みあげる前に塗布してよく乾かしてください。 施工した後にもう一度仕上げの塗装をすると美しく仕上がります。
  • インパクトドライバーで使用するビットや錐は消耗品です。 破損する事があるので予備を含めて準備しておくと工事が中断することなくスムーズに進みます。

みんなの施工例

» もっと施工例を見る

法人様・業者様・企業様・個人事業主様へ

自由設計可能で商業施設、公共施設、レジャー施設への設置実績多数。
大口・大量購入の際は、破格値で卸します。

LIEBE-PRO リーベプロ
http://www.liebe-pro.com

フェンスの作り方・施工例


関連情報


更に広がるおすすめコンテンツ

ページの先頭へ