イタウバ
ツヤツヤと滑らかで肌触りがよく、品質の良いマットグロッソ州産

今、ハードウッドで最も売れているウッドデッキ材です。 イペよりも耐久性は高いので、イペからの代替が可能です。 肌触りは滑らかで油分が多く、ブラジルのチークとも言われます。

イタウバの魅力は、油分をたっぷり含んだ しっとり滑らかな木肌高い耐久性です。 肌触りがよく、第二のリビングとして活用するウッドデッキには最適の木材です。 リーベでは、特に 品質の良い「マットグロッソ州産」を厳選して輸入・販売しています。

リーベのイタウバについて

同じブラジル産のイタウバであっても、採れる場所によって性格や特徴が多少異なります。
リーベでは、その中でも品質の良いマットグロッソ州産」を販売しています。
他の産地のものよりもコストが高く掛かっていますが、最高級の品質をお届けしたいという理念のもと、こだわって輸入・販売しています。

マットグロッソ州産は、他に比べて「黒斑点」が比較的少ないため、多くのお客様から支持を戴いています。

ご覧ください!同じイタウバでも品質がぜんぜん違います!高品質「マットグロッソ州産」イタウバでワンランク上のデッキライフを楽しんでください!

▼ 斑点・色ムラが少なく 美しい木肌。▼

マットグロッソ産イタウバ

△ リーベのイタウバ(マットグロッソ産)
高品質な「マットグロッソ産イタウバ

▼ 斑点・色ムラが多く、見た目にも汚い木肌 ▼

他のイタウバ

△ 他の地域で取れたイタウバ(例)
パラ州産のイタウバは、価格が安い反面、色ムラ・黒ズミ・パテ埋めの量が多く、品質に大きな差が出やすい。

割れ防止材「パラフィン」の塗布を始めました

パラフィン(paraffin)とは、割れ防止のために使われる日本でいうところの「ロウ」です。青色は水性の色素を混ぜたものです。 品質維持のため、小口の割れを防止するためにブラジルでこの処理を行っています。 ご使用の際に気になられる方は、両端の先端を 10mm ほどカットしてご利用ください。 順次、パラフィンが塗布されたイタウバ材が入荷になります。 ご購入のタイミングにより塗布されていない品をお手元に届く場合がございますが、ご了承ください。

image

小口にパラフィンが塗布されています。

image

横から見た塗布面


リーベは良質のイタウバ材を大量在庫しています!

▼ 倉庫内の風景: ベテランスタッフが1本1本検品して出荷します。▼

image
image

イタウバの特徴

艶やかさ・滑らかさ
イタウバはもともと木の中に含まれる油分が多いためツヤツヤと滑らかな材です。
表面は艶やかで肌触りがよく、濃い色合いのため見た目にも高級感があります。 天然木特有の逆目(ザラつき、トゲ)が少なく、裸足文化の日本のウッドデッキに良く合います。
色の変化
高級感のある濃い茶褐色が人気のイタウバ。
日光にあたる経過とともに色に変化がでることも特有の味です。
1本1本それぞれに色味が異なり、濃淡があります。 ウッドデッキなど一面に貼っていただくと、より良い表情が出るのです。
加工性が高い
ハードウッドのなかでもカットやビス打ちがしやすく、加工性の高いのがイタウバです。
イペやウリンなどに比べて下穴をあけやすく、カットするときに煙が出る... ということもありません!
初心者の方にもおすすめ です。
乾燥不要
木材によっては、ひび割れを防ぐために人工乾燥(KD処理)が必要なものがありますが、イタウバは油分の多さにより人工乾燥ができません。 リーベでは、半年もの時間をかけて天然乾燥を行い含水率を下げて暴れや狂いを抑えたもののみを輸入しています。

image

image

日光による色の変化(2週間後の様子)
左:日光に露出した面/右:日光を遮断した面

image

5〜20年ほど屋外で使われていたイタウバをカットした写真

プロに聞いた! イタウバの良い所

Q. イタウバを選ぶ理由は?

A. やはり加工性の良さ!

同じハードウッドでもイペやウリンは硬くて扱いにくいのですが、イタウバは施工が楽です。納期を守らなければいけない私たちにとって、工数の短縮は一番うれしいところですね。

価格が安いことももちろん選ぶ理由ですが、イペやウリンなど市場に在庫が少なくなってきているものはやはり使いづらいです。その点イタウバはサイズも数もそろっているので安心して発注できます。

Q. 施主様の反応は?

A. 皆さん満足しています。

イタウバという材を知らないお客さまがほとんどですが、サンプルを見ただけで一般的な木材とは違うと分かりますし、 イタウバを使うことを快諾していただけます。 実際仕上がったデッキをみてその高級感にみなさん満足していらっしゃいます。


イタウバの長所 〜 まとめ 〜

  • 原産地にこだわっているので高品質
  • 油分が多くて木肌が滑らか
  • 味のある色の経年変化が楽しめる
  • ハードウッドだけど加工しやすい
  • 乾燥処理済なので 狂いが少ない

イメージ

イメージ
イメージ

施工例

image
image
image
image
image
image
image
image

» 施工例を もっと見る

スペック

商品名称 イタウバ - マットグロッソ  ※弊社の呼称
樹種名 イタウバ (ITAUBA)  学術名:MEZILAURUS ITAUBA (MEISSN) TAUB
科目 クスノキ科の常緑広葉樹
原産地 ブラジル北部の粘土質の土壌の高台にある森林に生息
材色 オリーブ色、褐色、赤色に近く滑らかで光沢がある
比重 0.93(g/cm³)
曲げ強度 1657(kg/cm²)
圧縮強度 910(kg/cm²)
せん断面強度 -
縦圧縮強度 620(kg/cm³)
ヤング係数 -
参考耐用年数 25年程度〜(目安)

上記の値は基準値です。 天然木材のため、すべてが均一ではございません。


原産地の風景

イタウバはブラジル北部の森林に生息しています。 大きな原木を切り出してきて、製材工場にて丁寧に加工されます。 現地のスタッフが実際にみて製材していきますので、品質の悪いものはこの時点で除外されるのです。 1本1本丁寧に製材加工して日本へ届けれられます。

image
image
image
image
image

品質基準

下記は、当該商品固有の注意事項だけを抜粋して記載しています。

シマ模様
  • 片面許容
  • どちらかの面で全体の約5%以内なら許容
黒斑点
  • 片面許容
  • 1cm未満の斑点は許容
  • 1cm以上の斑点については1mにつき10個まで
逆目(虎目) 許容
節・ヤニ 節・ヤニはほとんど無し
パテ埋め 片面許容
小口割れ ハードウッドのため、あります。
木口に割れ防止剤「パラフィン」が塗布されていますものがあります。
施工する際に影響のあるものではございませんが、見た目が気になる場合は端を数cmカットしてご使用ください。
木粉の付着 許容
ピンホール 2〜3mmのピンホールが少量点在します。 セランガンバツーと同じく、このピンホールが劣化の原因にはなりませんので、その点はご安心ください。
品質基準は下記の通りです
  • ●25×140mm → 片面クリアー(片面はピンホールが全く無し)
見えない部分に使用する90×90mm、38×90mmについては、1面3個までは許容でお願い致します。
  • イタウバ材の特徴として、黒い染み、シマが混在します。
  • 薄い黄色 → 褐色へ変化 → 最終的にはシルバーグレイ に落ち着きます。
耐久性 耐久性クラス1、土、水への接触でもほぼ問題無くご利用できます。
現地ブラジルでは「イペ」以上の評価を得ております。

上記以外の品質基準は、『デッキ材・木製フェンスの品質基準』 にて詳細に記しております。 ご注文の前にご確認ください。


注意事項

天然木材は、工業製品のように全てが均一の品質というものではございません。 すべてが一品物です。 また、施工後のクレームはお受けできませんので、商品が到着したら速やかに商品状態のご確認をお願い致します。 到着後、品物に大きな問題を確認された場合には、デジタルカメラでその問題の状態・箇所が判るように撮影していただき、弊社までご連絡ください。 誠実に交換等の対応をさせていただきます。
返品や交換を希望される場合には、『返品・交換について』 を事前にご確認ください。

イタウバ

イタウバ

全82件