年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら下記の通り休業とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
休業期間 : 2017年12月29日(金)~ 2017年1月3日(水)

ハードウッド

ハードウッドは 日本語で言えば、「堅木」「硬木」と訳されます。 日本の代表的な堅木は、皆さんもご存知のクリ、カシ、ナラ、ケヤキなどです。 日本の堅木の多くが広葉樹です。

リーベの指す「ハードウッド」は、日本の材の定義とは異なります。 リーベでは、「ハードウッド」を、日本の堅木と比較にならない程の高い耐久性と強さを持つ木材という位置づけで取り扱っています。

これらの材は、現地で過酷な環境下、しかも無塗装、ノーメンテナンスで橋梁、屋根材、外壁、枕木、土留め等に使用されている実績を持っています。 これらの材は、このような使用状況下でも防腐せずに 20年~100年以上も使用されているのです。
そんな木材を「ハードウッド」と呼んでいます。

ハードウッドの代表的なものに、下記などがあります。

日本でのウッドデッキの歴史を簡単に振ってみます。

日本でウッドデッキが普及し始めたのは、凡そ1980年程からです。 その頃から、輸入住宅メーカーによるウッドデッキ付の住宅の提案、メディアでのウッドデッキの紹介、ホームセンターでのSPF材の販売拡販、公共事業でのウッドデッキの普及により一般消費者の認知が高まって来ました。

その後、90年頃からDIY雑誌 ドゥーパ等がウッドデッキのDIY作製を積極的に特集をしました。 結果、ウッドデッキの普及が大きく広がったのです。 当時、ガーデニングもブームでもあり、ガーデンリビングに最もマッチするウッドデッキが主婦からも熱烈に歓迎され、普及を加速させました。

この歴史の中で、当初、人気だったSPFやレッドシダーのソフトウッド系から、サイプレス、ウリン等のハードウッドへDIYer の選択が移行していきました。 理由は耐久性の点でのメリットがハードウッドが高いからです。

今では、リーベでのハードウッドとソフトウッドの販売比率は 80:20 となり、ハードウッドが主流となっています。 DIYのお客様が初期コストはハードウッドのほうが高いが、5年先を考えての選択をしているのではと考えます。

各種の木材のメリット&デメリット

リーベの経験上から思う各種の木材のメリットとデメリットを記します。
選択の一助として活用ください。

ハードウッドのメリットの一番は、やはり、高い耐久性です。 防腐材などを塗布せず、メンテナンスをしなくても、長い年月腐らずに長持ちするからです。 デメリットとしては、ソフトウッドと比較して最初のコストは高価である、作製の難易さがあげられます。

ソフトウッドに関してのメリットは、ハードウッドに比べ比較的安いことと、節が持つ木の雰囲気が良い事と加工性が良いことがあげられます。 デメリットはメンテナンス、腐りがハードウッドと比べかなり早いことです。 日本で耐久性があると言われているヒノキや杉でデッキを作ってもメンテナンスをしなければ2~5年で腐ってきます。 定期的に防腐塗料をデッキ面に塗布しても基礎部分はメンテナンスが難しいので、寿命を伸ばすのは困難のようです。

それでは、防腐剤注入をしたソフトウッドは?
基本的に、防腐材注入木材といっても、木材の内部まで浸み込んでいるのではなく、表面より少し深い部分にしか注入されていません。 故、ハードウッド並みの長持ちは期待が出来ません。

現在、木粉を混入した人工木材、樹脂デッキ、合成木材などが人気です。 メリットとしては、基本的に腐らない耐久性です。 デメリットは、天然木が持つ「温もり」が表現出来ない、夏場は歩け無いなど工業製品故のデメリットがあります。

リーベでは上記を勘案し、自然が作り出した天然の木の持つ「暖かさ」と「耐久性」を兼ね備えた「ハードウッド」を 一番にお勧めします。 ハードウッドはエクステリアには最も適した木材であると信じています。

特に、サイプレス(豪州産ひのき)は、耐久性、暖かさ、加工性、価格において、全てをバランスよく持っています。

法人様・業者様・企業様・個人事業主様へ

店舗、イベント会場、レストラン、飲食店、屋上緑化、大規模造園、マンション、ビル等
に 大量注文を検討されているお客様には、当社法人部が価格予算等のご相談を承ります。

LIEBE-PRO リーベプロ
http://www.liebe-pro.com

▼ 重要なお知らせ・注意事項 ▼

送料・配送に関して 下記内容が変更になりました。

  • デッキ材の送料表示を『別途見積』に変更しました。
  • 追加料金が発生する場合があります。
  • デッキ材の配送に 長さ条件 が追加になりました。
  • 配送時にご不在の場合は 置き配 になります。
詳細は、リンク先のページでご確認ください。 » 送料・配送について
    [お得な情報]
  • お届け先が「法人名義(屋号)」の場合は、配送条件が良くなる場合があります。
  • 営業所止めとした場合、お客様ご自身が運送業者の営業所まで荷物を受け取りに行くことで、送料が抑えられる場合があります。

『デッキ材・木製フェンスの品質基準』 は、下記ページにて詳細に記しております。 ご注文前にご確認ください。

デッキ材・木製フェンスの品質基準

荷降ろしについてのお願い

木材は非常に重たく重量物のため、ドライバーさん1人だけでは荷降ろし・運搬が困難です。
そのため、お買い求めいただいたお客様には荷降ろしのお手伝いをお願いしてします。 出来るかぎり、ご家族や仲間内で力持ちの方がご在宅の日に届くように配達日時をご指定されますよう、ご協力お願い致します。

» ご利用ガイド: 送料・配送について

デッキ材の配送について

長さ 3000mm を超える木材は、基本的に個人邸へ配送することができません。
どうしてもそれ以上の長さの材が必要な場合、弊社倉庫(千葉県千葉市)まで 品物を引き取りにお越しいただくか、配送にお客様専用のチャータートラックを手配・お見積りとなります。

法人名義(屋号)がお届け先の場合には、長さ 4000mm までの配送が可能です。
ご注文数、お届け先などをご連絡の上、法人営業担当にお問い合わせください。
TEL: 047-470-9501  FAX: 047-470-9073  » 法人様専用サイト: リーベプロ

» 製材・カットについて » 送料・配送について

木材の製材・カットも承ります。

木材のカットは 200円(税抜)/1カット で承っています。
但し、下記デッキ材は、カットを承っておりません。
ルチアウッド、フィンランドエコデッキ、エコアコールウッド、木もちe-デッキ

ご希望の場合は、デッキ材のご注文時に デッキ材カットサービス の 商品(品番:WDCUT-001 も一緒に必要なカット数の数量をカゴに入れていただき、注文フォームの「備考」覧にそのカット内容をご入力ください。

記載方法については 「ご利用ガイド: 製材・カットについて」にて詳細をご確認ください。
デッキ材の製材(プレナー加工)につきましても、ご確認ください。

» ご利用ガイド: 製材・カットについて

デッキ材・フェンス材の品質基準について

天然木材の品質は、全てが均一ではございません。そのためリーベでは品質基準を定めて詳細に記させていただいております。デッキ材をお選びになられる際は一読くださいますようお願い致します。

» デッキ材・木製フェンスの品質基準

関連情報


ウッドデッキから更に広がるおすすめコンテンツ

ページの先頭へ