sb-test

公共事業に多数使われている木材

セランガンバツは、供給が優れていること、強度・耐久性に優れていること等の理由から、
その良さが再評価され、今注目されている材の一つです。

強度・耐久性に優れている
比重が大きく、堅く目が詰まっているため、大変強度に優れており、屋外でのご使用にも十分な耐久性があります。

公共事業でも多数の仕様実績あり
東京駅、東京トリトンスクエア等で使用されています。

安定した供給が可能
他の材に比べ流通量も多く、安定した供給が可能です。

インドネシアでは、年間計画の中でセランガンバツを伐採しているので、厳しく統制されており、自然環境の保全が守られています。

セランガンバツに最適な塗料

セランガンバツの寿命は20年前後と言われています。
腐敗を防ぐために塗料を塗って、腐りづらくすることで、材の寿命を延ばします。

ジャラオイル

木材保護塗料
ジャラオイル

ウッドステインプロ

屋外木部保護塗料
ウッドステインプロ

セランガンバツについて より詳しく

  • 現地雇用のグレーダー(検品者)と契約し、品質基準に合わないものは取り除いています。
  • 人工乾燥をかけてあるので、反りや曲がり等が少なく、安定性があります。
  • ウエスタンレッドシダー等の木材に比べ、数倍の強度を誇ります。
    日本の林野庁によると、心材部分で、地中14年の耐久があるという実験データがあります。
  • 堅く密度の濃いセランガンバツは、ドッシリとした重量感のある雰囲気があります。
イタウバ施工例

セランガンバツ取り扱いサイズ

12×10520×105×1200
20×105×1800
16×9016×90×900
16×90×1200
16×90×1500
16×90×1800
16×90×2100
20×10520×105×900
20×105×1000
20×105×1200
20×105×1500
20×105×1800
20×105×2100
20×9020×90×1500
20×90×1800
20×90×2100
20×120 20×120×1200
220×120×1800
20×120×2100
21×14521×145×900
21×145×1200
21×145×1500
21×145×1800
21×145×2100
30×10530×105×1800
30×105×2100
30×14530×145×1200
40×7040×70×900
40×70×1200
40×70×1500
40×70×1800
40×70×2100
70×7070×70×1200
70×70×1800
90×9090×90×1200
90×90×1500

施工例

現地製材所での風景

原木の品質確認風景
反り曲がり等の検品
含水率計で含水率確認
風通しを良くし、含水率を下げるため細かくサンギを入れる
傷を防ぐため、プラスチックバンドルで束ねる
バツの出荷風景

スペック

商品名称セランガンバツ
樹種名バンキライ、イエローバウラ、バツ
科目フタバガキ科 Shorea属 shoreaグループの広葉樹
原産地インド、セイロン、マラヤ、ボルネオ、フィリピンなどの東南アジア
材色辺心材の色調差はやや明らか。心材は黄褐色、濃赤褐色、緑色を帯びた褐色等。辺材は淡色
比重0.98(g/cm3)
曲げ強度 1333(kg/cm2)
圧縮強度 560(kg/cm2)
縦圧縮強度701(kg/cm3)
ヤング係数 160(N/mm2)
参考耐用年数 15年以上~(目安)

上記の値は基準値です。 天然木材のため、すべてが均一ではございません。

品質基準

下記は、当該商品固有の注意事項だけを抜粋して記載しています。

経年変化によりシルバーグレーへ変化。
ササクレ・トゲ

ササクレが出やすい材です。素足で歩行する箇所に使用するのは避けてください。
ササクレは、端材で擦り落とし、#60~80のサンドペーパーで磨けばキレイになります。
時折小さなトゲが出ていることがあるので、作業の際は軍手・手袋等をご使用ください。

下ウリンの詳しい品質基準は、『デッキ材・木製フェンスの品質基準』 にて詳細に記しております。 ご注文の前にご確認ください。

その他 ウッドデッキ材

イタウバマットグロッソウリンイタウバフィエラ
   
アンジェリーナサイブレスアマゾンウリン