セランガンバツの塗料と塗装

セランガンバツの色は、経年変化により退色します。
紫外線に当たると徐々に赤色~美しいシルバーグレーに変化していきます。

セランガンバツはハードウッドで腐りにくいため無塗装でも使用できますが、リーベの経験値ではメンテナンスとして5年に一度はキシラデコールやジャラオイルなどの塗料で塗装をすると、より美しい状態で楽しめます。
また、塗装をすることにより木材表面のささくれを防止する効果もあります。
ハードウッドのウリン・アマゾンジャラ・イペなどは塗料が染み込みにくいですが、セランガンバツはよく塗料が染み込むため、楽に塗装ができます。

おすすめの赤系塗料は?

ジャラオイル

それは、ジャラオイルです。
オーストラリア産の高級ジャラ材の色を再現した塗料です。

ジャラオイルのおすすめポイント

  • 美しい色
  • 環境に良い水性塗料
  • ささくれが減少
  • 紫外線による退色を防ぐ

ジャラオイルの商品詳細ページへ

セランガンバツウッドデッキ材の販売はこちら

セランガンバツの目隠しフェンスの販売はこちら


ジャラオイルの塗り見本

写真では美しい色に見えませんが、実際に塗装がされたセランガンバツ材は大変、高貴なウッドデッキ材として喜ばれています。
ジャラオイルの塗り見本

セランガンバツに塗装されたジャラオイルの施工例

DIY塗装のポイント:木材の塗装は、組立て前に塗ること!

施工のポイント:木材の塗装は組立て前に!

塗料の選び方を説明します。セランガンバツの塗料は、ジャラオイルやウッドステインがおすすめです。

ジャラオイルは紫外線カット効果により木材の変色を遅らせ、美しく見せます。

塗装をする前に、ウッドデッキの床材表面をしっかり拭いて、綺麗にしてから塗装をしましょう。

塗料は、屋外木部用の塗料をご用意ください。刷毛やローラーなどの塗りやすい道具を使って、表面を塗装していきます。

しっかり乾燥させてから、組立てに取り掛かりましょう!

セランガンバツ材 × 塗装 の施工例

セランガンバツ製のラティスフェンス
セランガンバツ製のラティスフェンス
目隠しに最適なルーバーフェンス
目隠しに最適なルーバーフェンス
壁材としてセランガンバツ材を使用
壁材としてセランガンバツ材を使用
ウッドデッキとフェンスを組み合わせ
ウッドデッキとフェンスを組み合わせ
建物の形に添ってセランガンバツの縁台を作りました
建物の形に添ってセランガンバツの縁台を作りました
デッキと同じセランガンバツ製で柵を取り付けました
デッキと同じセランガンバツ製で柵を取り付けました