人工木材で作る自由設計ウッドデッキ

DIYウッドデッキは自分の好きな形、デザイン、広さで作ることができます。
従来のウッドデッキ制作は天然木を材料とすることが主流でしたが、最近は人工木を使用する方が増えています。
人工木ウッドデッキ材の種類やメーカーが増え、施工方法もどんどん簡単になっていることが要因となっています。

1)ウッドデッキを作る場所

自宅のどのスペースにウッドデッキを設置するかプランを建てましょう。
一番多い設置場所は「お庭」です。リビングの掃き出し窓から続くウッドデッキを制作し、第二のリビングを作りましょう。
2番目に多いのはベランダです。殺風景で味気ないベランダにウッドデッキを作ることで憩いのスペースに変わります。
少数派では中庭、玄関周り、アプローチ、駐車場などの空いたスペースに作ることもあります。


2)ウッドデッキの形、サイズ

作る場所を決めたら、どんな形のウッドデッキを作るか考えます。
なるべくスペースに無駄がでないようにぴったりサイズのウッドデッキを作りたいですよね。
下記のように、人工木ウッドデッキ材なら空間に合った形のウッドデッキを制作できます。

3)ウッドデッキの図面をつくる

基本的なウッドデッキ図面を参考にしてください。

ウッドデッキ参考図面はこちら 

ただし、天然木と人工木では根太間隔が違うので注意!人工木は根太間隔を狭く(40㎜程度)してください。


4)人工木ウッドデッキ材を選ぶ

お好みの人工木材を選びましょう。色や質感がそれぞれ違います。

リーベのプライベートブランド人工木 選べる3樹種はこちら 


5)ウッドデッキを作る リーベユーザー様の実例をご紹介

リビングの外のスペースにぴったりサイズの人工木ウッドデッキを作成します
使用した材料はリーベオリジナル人工木オーロラデッキです。

地ならしをして、雑草防止のためのシートを敷きます

奥行きのサイズがぴったりの人工木ウッドデッキが完成!
...
出入口となるウッドデッキの端にはステップも作りました。昇り降りが楽に!
...

人工木材を使用したウッドデッキはメンテナンスフリーで丈夫で長持ち。
既製品のウッドデッキや真四角の普通のウッドデッキじゃ物足りないといった方はぜひ自由設計で制作してください。

6)関連ページ