リアル人工芝の自作DIYでの施工方法

リアル人工芝自作DIYでの施工方法

人工芝を敷くのは意外と簡単。 自作DIYで人工芝を敷きたい人の為に、リアル人工芝を敷く手順を画像付きで解説!

自作DIYで作る人工芝の施工方法

■設置に必要なもの■

  • 清掃道具(ほうき・ちりとり・革すき)
  • 防草シート(推奨)
  • 道具(はさみ・カッター・軍手など)
  • 防水接着剤(推奨接着剤 コニシボンドG103) … コンクリートまたはアスファルトの場合
  • U字ピン … 土の場合
  • ジョイントテープ(粘着テープ)

リアル人工芝を施工する前に

リアル人工芝の割付・裁断・レイアウト
人工芝を広げながら地面に割付していきます。
広い面積に敷く場合は、しばらく直射日光に当てるか逆さに巻いて、クセを直しましょう。人工芝の方向は揃えましょう。 より自然にきれいに仕上がります。
仮置き後、丁寧にカットしていきます。 ハサミやカッターで簡単に切ることが出来ます。
リアル人工芝の継ぎ目の部分は重ねず、ぴったり合せ、隙間を完全に隠しましょう。
継ぎ目に隙間があると見栄えが悪いだけでなく、雑草が生えてきてしまいます。

下地の施工手順

1. 雑草を取り除きます。下地の清掃

  • ■土の場合■
    ゴミ・ガレキなどを除き、雑草を抜きます。雑草の根は特に注意して完全に除去してください。 可能であれば転圧しておくと仕上がりがきれいになり、めくれを防ぎます。 トンボなどを使って押し固めるだけでも大丈夫です。 地面に凹凸がある場所では、砂を撒いて高さを均一にすると設置しやすくなります。 水が溜まりやすい場所も砂を入れ、平らにする際に勾配をつけましょう。 人工芝を敷いた後に水がいつも溜まっていると不衛生です。
  • ■砂利の場合■
    砂利の地面でもリアル人工芝は問題無く敷けます。但し、大粒の砂利石は駄目です。
    大きな砂利だと安定しないし、雑草も出てきます。
    大凡、2cmの大きさ以下が良いです。
  • ■コンクリートの場合■
    特に事前の準備は必要ありません。
     

施工例
施工例

2. 防草シートを敷きます。 防草シートの設置

  • リアル人工芝は単体でも雑草が生えてくるのをある程度防ぎますが、水抜き穴が空いているので、隙間から雑草が生えてきてしまいます。 雑草が生えるとリアル人工芝の劣化にも繋がりますので、防草シートを併用するのがおすすめです。 防草シートはなるべく丈夫で厚いものを使いましょう。継ぎ目は数センチ重ねて留めてください。

施工例

3. リアル人工芝の割付・裁断・レイアウト

  • 人工芝を広げながら割付していきます。
    広い面積に敷く場合は、しばらく直射日光に当てるか逆さに巻いて、クセを直してください。 芝の方向は揃えましょう。 より自然にきれいに仕上がります。
    仮置き後、丁寧にカットしていきます。 ハサミやカッターで簡単に切ることが出来ます。
    リアル人工芝の継ぎ目の部分は重ねず、ぴったり合せ、隙間を完全に隠しましょう。
    継ぎ目に隙間があると見栄えが悪いだけでなく、雑草が生えてきてしまいます。
     

施工例

4. 丁寧に芝を敷きます。 設置・配置・固定

  • ■土の場合■
    U字ピンで固定します。端部に縁石等のない場合は、リアル人工芝を土の中に埋め込んで下さい。
    U字ピンは 約50cm 間隔で留めて下さい。
    1m²(1m×1m)あたり 10本程度が目安です。
  • ■コンクリートやアスファルトの場合■
    仮敷きしたリアル人工芝を動かさないように折り返し、ジョイント部分を中心に両側へ接着剤を塗り広げて下さい。 ジョイント部にはリアル人工芝の裏面にテープ等で固定をおすすめします。 また、屋外施工時は晴天の時に行って下さい(接着面が濡れていると接着不可)。 ジョイント部分には隙間が出来ないように、耳部を突き合わせながらパイルを巻き込まないように丁寧に張り込みます。
  • ■クシ目ゴテでの塗布の場合■
    折り返し部の下地面にクシ目ゴテで接着剤をムラなく塗布(標準塗布量:500g/平米)します。 特に耳部・ジョイント部は念入りに塗布します。
  • ■スプレー塗布の場合■
    下地が透水アスファルトコンクリートの場合に最適です。 折り返しの下地面にスプレーガンを用いて均等に吹き付けます。
     

5. 綺麗に施工が完成! 転圧

  • リアル人工芝全体をしっかり転圧し、シワや膨れを除去します。 特に接着剤を使用したリアル人工芝は、接着部分を細かく踏みつけて抑え込み、密着させて下さい。
    ふくらみが収まらない時は、砂袋などの重しになるもので押さえて下さい。

施工例

人工芝の設置前と設置後

before
設置前

すこし殺風景です。 ちょぼちょぼ生えてきた雑草と土の地面の隙間で荒れた印象を受けます。

after
設置後

お庭全体が明るくなりました。 雑草の心配もなくなり、一年中青々とした芝が楽しめます。

before
設置前

裸足では汚れてしまうような、土が丸出しの庭。
せっかくの庭がもったいないです。

after
設置後

子どもが裸足で駆け回れる楽しい庭ができました。 メンテナンス不要なので大人にも嬉しい庭です。


ご購入はこちらから