アムールフェンスの組み立て方

商品一覧はこちら

アムールフェンスは専用支柱と組み合わせて作るキットなので、DIY初心者でも簡単に組立ができます!
お隣さんとの目隠しや玄関アプローチとの間仕切り、外観のおしゃれなど使用用途は様々。
アムールのフェンスは12種類、支柱は全部で5種類。コーナーとストレートの支柱は共通なので、後からストレートをコーナーに、コーナーをストレートに変えられます。

今回は、3種類共通のH1300用、アルミフェンス共通のH1690用・H2100用、樹脂フェンス専用のH1660・H2020の中から、アルミボーダーフェンス、アルミ縦格子フェンス、樹脂ボーダーフェンスの3種類のH1300をそれぞれ1スパンずつ組み立てました。

支柱【共通】

支柱

支柱は1本ずつなので、必要な本数をご購入ください。
ストレートとコーナー兼用です。

支柱、脚、脚用ビス4個、蓋用ビス2個、蓋1枚

支柱、脚、脚用ビス4個、蓋用ビス2個、蓋1枚。
※脚は支柱の中に収納されています。

支柱

支柱は、二つ穴が開いている方が下です。穴は四面開いています。

支柱と脚の穴を合わせます

支柱と脚の穴を合わせます
隣り合う2面のネジ穴をビスで四カ所固定してください。少し固めなので、力を入れてビスを締めてください。

四面ありますが、隣り合う2面のネジ穴をビスで四カ所固定してください。少し固めなので、力を入れてビスを締めてください。

蓋は最後に閉めるので、ここまでできたら次へ進みます。

アルミフェンス ボーダー

商品一覧はこちら

フェンス3枚、スペーサー2枚、ネジ2個

フェンス3枚、スペーサー2枚、ネジ2個

スペーサー

別売りの支柱に、スペーサーを入れます。

アルミフェンスを支柱に入れます。
2本の支柱の高さを揃えて、平行にした状態で組み立ててください。
寝かせた状態だと組み立てやすいです。

アルミフェンスを支柱に入れます。
ネジでフェンスを固定

フェンスをすべて入れたら、ネジでフェンスを固定します。
少し固いので、力が必要です。

支柱に蓋をします。

支柱に蓋をします。

アルミフェンス 縦格子

商品一覧はこちら

フェンス12本、バー2本(蓋が外してあるフェンスの中に収納されています。)、スペーサー22個、バー固定金具2個、バー固定金具用ボルト4個、フェンスの蓋2個、六角レンチ1本、スパナ1本

フェンス12本、バー2本(蓋が外してあるフェンスの中に収納されています。)、スペーサー22個、バー固定金具2個、バー固定金具用ボルト4個、フェンスの蓋2個、六角レンチ1本、スパナ1本

蓋を取り付け

バーを収納していたフェンスの両端に、蓋を取り付けます。

別売りの支柱にバー固定金具を入れます。

下部のバー固定金具は完全に固定せず、仮止めします。上部のバーは、上から155mmの場所で固定します。

別売りの支柱にバー固定金具を入れます。
バーにフェンスとスペーサーを交互に通します。

バーにフェンスとスペーサーを交互に通します。

全部入れたら、フェンス部分は完成です。

フェンス部分を、バー固定金具具に載せます。

仮止めしていた下部のバー固定金具をフェンスに合わせて調整後、固定します。

フェンス部分を、バー固定金具具に載せます。
支柱に蓋をします

スパナを使用し、しっかり固定しましょう。

支柱に蓋をします。

樹脂フェンス ボーダー

商品一覧はこちら

フェンス9枚、横桟2本、スペーサー(正方形)16個、スペーサー(長方形)2個、ネジ2本

フェンス9枚、横桟2本、スペーサー(正方形)16個、スペーサー(長方形)2個、ネジ2本

横桟を入れます

別売りの支柱にスペーサー(長方形)を入れた後、横桟を入れます。

横桟は穴が開いている方が上です。

支柱を平行にしてフェンスを入れます。

支柱を平行にしてフェンスを入れます。
スペーサー(正方形)を入れます。

スペーサー(正方形)を入れます。

フェンス、スペーサー(正方形)の順に交互に入れていきます。

支柱同士が広がらないよう押さえながらでないとスペーサーが奥にいってしまうので、2名以上での作業をおすすめします。

フェンス、スペーサー(正方形)の順に交互に入れていきます。
全て入れ終わったら横桟を入れ、ネジで支柱に固定します。

全て入れ終わったら横桟を入れ、ネジで支柱に固定します。

支柱に蓋をします。

支柱に蓋をします。

完成


フェンス12本、バー2本(蓋が外してあるフェンスの中に収納されています。)、スペーサー22個、バー固定金具2個、バー固定金具用ボルト4個、フェンスの蓋2個、六角レンチ1本、スパナ1本