ウッドデッキの手すり

手すりはウッドデッキ・階段・ステップに重要な役割があります!
ウッドデッキ手すりは必要なのか?不必要なのか?
ウッドデッキを囲う手すりはどんな機能なのか?
手すりのデザインは大変重要です。住宅のデザインを考慮しながら素敵なウッドデッキ手すりのデザインを作りましょう。
家族構成を考えて手すりの機能、用途を決めていきましょう。

手すりの用途

  • 転倒防止
  • 防犯効果
  • 目隠し効果
  • 布団が干せる
  • 洗濯棒を置き洗濯が干せる
  • コーヒーカップを置きくつろげる
  • 灰皿を置いて喫煙が出来る
    *手摺はささくれ、トゲもでてくることもあります。

デザイン

手すり自体のデザインは、素材が重要です。
都合がいい四角い木製手すり
やさしい丸棒手すり
シャープなアルミ手すり
おしゃれなマリンロープ
などです。

強度

ウッドデッキを作る際、床面の強度については意識が高いものですが、フェンスや手すりの強度については見落としがちです。
ウッドデッキフェンスは、手すりとフェンスが一体として作られます。
重要な点は、強度が弱いと転倒崩壊します。
大きな怪我も繋がります。
大人が寄りかかり倒れたら大変です。
故、強度は、しっかり設置をしましょう。
素材としては木製が自作しやすく一般的ですが、アルミ製やアイアン製ですと、なお強度があがりますのでおすすめです。

サイズ

手摺の幅は105mmほどの幅は欲しいです。
グラス、カップ、灰皿などを置くことも多いでしょう。
手すりを自作することで、お好みのサイズで作ることができます。

階段・ステップ

階段に手すりを設置するの注意は、 手すりの角を面取りをします。それによりトゲ、ささくれ防止になります。
あまり大きな手すりですと手で持つことが出来ないので90mmほどの幅が最適と思われます。

後付手すりフェンス取り付け

ウッドデッキを造った後に、手すりの必要性に気がつくということも多々あります。
そんな時は後付け用の金具があれば既存のウッドデッキに手すりを自作することが出来ます。
オススメは、アルミ製 固定金物セット つむ木 手すりがやっぱり必要だ!とう際にはぜひご検討ください。

手すり・柵 自作DIY 施工例

関連商品

ウッドデッキ材

無料デッキサンプル

天然木

人工木・樹脂木

防腐防蟻注入材

塗料

必須デッキ関連商品

カット・製材

特注製材

シロアリ・防蟻剤

組み立てデッキキット

組み立てデッキキット天然木製

組み立てデッキキット人工木製

組み立てデッキキットアルミフレーム製

組み立てデッキキット樹脂自由設計デッキ

ウッドパネル・ウッドタイル・ベランダパネル

天然木製パネル

樹脂製パネル

セラミックタイル製パネル

高級天然石パネル

連結人工芝パネル