バンドル販売 大日本ウッド ベイマツ(米松/ダグラスファー)

北米大陸の西部、主に、ブリティッシュコロンビア、ワシントン、オレゴン、ロッキー山脈沿いにメキシコまで広く分布しています。
米松と書くのだからアメリカのマツだろうと考える人が多いと思いますが、これはマツではなく英名ダグラスファーという トガサワラの仲間です。
大径かつ長尺材が多いため、重構造用材として埠頭、ドック、港湾等の工事に用いられています。
オールドグロスと呼ばれる年輪の密な大径木からとれる柾目板は家具・建具・装飾、内装材にと重用されています。

サイズ別 価格・在庫リスト

ベイマツ(米松/ダグラスファー)とは

日本でいう松類とは別の類の樹種でトガサワラ属に分類され、モミとツガのやや中間であるという。
今では輸入量が最も多い品種となっている。
木理は通直で肌目はやや粗いですが強靭だが加工性は比較的よく、狂いも少ない材です。
耐朽性は中程度。木目は強く綺麗です。時間が経つにつれて黒ずんできます。
樹脂成分により塗装障害を起こしやすいので注意が必要です。
柱や梁、各種の板など建築用材として広く使われています。

ベイマツ(米松/ダグラスファー)
ベイマツ(米松/ダグラスファー)

ベイマツ(米松/ダグラスファー)の特徴

別名 ダグラスファー、レッドファー、ピゥゼットサウンドパイン、ダグラスツリー、モンタナファー
科目 トガサワラ属(マツ科)
産地 北米大陸の西部、主に、ブリティッシュコロンビア、ワシントン、オレゴン、ロッキー山脈沿いにメキシコまで広く分布
用途 家具・建具・装飾、内装材から重構造用材としても使用されています。
色調 心材と辺材の色の差は明らかで、心材は淡黄色ないし赤褐色、年輪がはっきりしています。
材質 材は適度に硬くて重く、長大材を生産できる。また樹脂道があり、ある程度乾燥しても、 ヤニが滲み出してくることがあるので、十分乾燥させるなどの対策が必要である。

特性
耐久性:〇   
耐水性:
防虫性:
強度:
加工性:
塗装:
重さ:重い
高級感:
ベイマツ(米松/ダグラスファー)

施工写真

準備中です。