硬質木材専用ビスの錐込隊長

堅い木材でも「ネジ切れしにくい」! 下穴施工不要! 皿取錐も不要!

イタウバ、イペ材、ウリン、サイプレス材、セランガンバツ、アマゾンジャラなどのハードウッド(堅木)は、大変堅いので、通常のビスだと『ネジ切れ』を起こす確率が非常に高くなります。

しかし、この硬質木材専用ステンレスコーススレッド『錐込隊長』なら、堅い木材でも ネジ切れを起こしにくい のです。

■POINT … 「ネジ切れ」とは?

ビス(コーススレッド)を材に打ち込む際に、ハードウッドなどの堅い木を使用すると、木材が大変堅いためビスが負けてしまい、途中でネジの頭が切れてしまう事があります。 それが「ネジ切れ」です。

ステンレスコーススレッドやビスが「取れない」、「外れない」「頭の溝がつぶれた、なめた」、「頭が潰れた」、「抜くことも出来ない」、「ねじ込むことも出来ない」を解消できます。 錐込隊長は信頼性・施工性の高さを多くのお客様・プロの大工さんに賞賛を得ています!このビス『錐込隊長』が いかに凄いか、動画で実力をご確認下さい!


下穴施工と皿取錐の硬質木材専用ビス 錐込隊長のポイント

必ず、下穴をあけてください

ハードウッド(イタウバ、サイプレス材、バツー、イペ、ウリン、アマゾンジャラ、セランガンバツなど)の場合でも ビスを打つ前に 下穴を開けることは必須です。

★★★皿取錐はこちらへ

木が硬い場合には、下穴をあけないとビス(コーススレッド)が入っていきません。
それだけではなく、ビスの頭がネジ切れてしまうこともあり、一旦切れてしまうと取り除くのにも一苦労です。

その他の注意点として、下穴をあける時は 木の端のほうは割れやすいです。 下穴あける深さとしては、重ね木の下に少し下穴を開ける程度でOKです。

木材(厚み)に対するビス(ネジ・コーススレッド)の選び方 図解

硬質木材専用のステンレスコーススレッドの長さは、固定する木材の約2倍の長さ が必要になります。(右図参照)

例)25mm厚の材を固定する場合は、51mm のビスが最適

皿取錐とビスの選び方 図解

硬質木材専用のステンレスコーススレッドの直径に対し、 -0.7mm~1mm程度 の皿取錐が最適です。

例)ビスの径が4.5mmの場合、
3.5mmの皿取錐が最適(右図参照)

■注意事項■

  • 径は、螺旋部分の径となります。
  • 無理な締付けはしないように。 ビスのネジ山をつぶしてしまう原因になります。
  • ステンレスであっても錆びることがあります。

★★★皿取錐はこちらへ


錐込隊長の特徴

  • 超硬質木材に対しても切削しながら入るため、途中でネジ切れを起しません。
  • 一方のネジ山が高く、一方のネジ山が低い形状。引っかかり率が大きく、引き抜き強度が高いです。
  • 焼入処理を施し、硬い鋼に仕上げています。