ウッドデッキ材を購入する際に信頼できる会社の選び方

リーベは、ネット通販の黎明期から在庫を持って通販をしております。
過去20年の商いで得た様々な経験から知識と知恵を蓄積し、最良のウッドデッキ材をお客様に提供してきました。 一方、天然木材である高額なデッキ材を自社でしっかり検品をしないで他社から流しているだけの会社も多くなりました。
ウッドデッキ材は高額商品であり、長いお付き合いの商品ですので、信用・信頼のある会社を選ぶ事が賢明な選択だと思います。

信頼できる会社を選ぶ時のポイント

会社がつぶれたらアフターケアーが無くなる

会社の信頼をはかる際には、実質可動している社歴を確認する事も重要です。一般的に長い社歴は信用・信頼が高いからです。 その会社が、数年で倒産したら、購入したウッドデッキ材が腐る、大きな問題が出た場合、アフターケアは出来ません。

昨今は、雨後の筍のように実態がないようなネット会社がいます。昨今は、企業が創業して10年経て生き残っている会社は約20%です。大凡、80%が倒産します。

資本金の確認は重要

デッキ材は高額ですので、デッキ会社は大きな資本金を持って商いをしています。 会社概要を確認し、資本金の記載も出来ない会社はしっかり調べるべきです。

他社の倉庫から横流しで、自ら天然素材を出荷するのは問題。

自社倉庫で自社社員がしっかり検品して出荷している会社と、横流しの会社とでは、どちらが信頼できますか?天然素材のウッドデッキ材は、一本、一本個性があります。

問屋さんは基本、プロ向けに売っています。プロは適材適所で悪いウッドデッキ材でも上手く使用できます。
しかし、素人は?難しいです。問屋さんなどから横流しの場合は気をつけなければいけません。

直輸入

当社はコストを最大限お安くするために、現地直輸入を行い、低価格で提供しています。 横流しの会社と違い、横流し会社との価格は、常に、ウッドデッキ材・フェンス材を安い価格で供給をしています。

実態の無いような会社

無店舗経営のネット通販会社には注意しましょう。
(自宅やレンタルオフィスなどの個人や業者は責任を取りづらい会社が多い。Googleマップのストリートビューで簡単に確認出来ます。住所で検索しても大凡、確認できます)

事故があっても対応が無い

ウッドデッキ材は高額な商品ですので、何かの事故(納期遅れ、酷い品質など)に対し、横流し会社は、しっかりしたクレーム対応が出来ていない との話をよく聞きます。 自社で仕入れていないので品質に関して問屋などに丸投げしているも多いようです。

信用させる為に他社の写真流用

いかにもたくさんの実績があるように見せかけている横流し会社も多いので注意です。数年しか可動していない会社が、多くのウッドデッキ写真を掲載しているのは、おかしいですね。

事務所で相談が出来ない

購入する際は、ウッドデッキ材の販売会社へ相談のため出向くことも必要です。相談内容も的確でない、 商品が無い、事務所も無いような会社は、気をつける必要があります。

10年保証出来るの?

設立間もないウッドデッキ材販売会社が、10年保証をしていますが、心配になります。10年保証とは大きな責任を持つことです。
その責任を持てる会社か、持てない会社か見極めが重要です。

問い合わせへの説明技量

野球選手ももピンきり、ウッドデッキの説明スタッフもピンきりです。
例えば、当社の説明スタッフは、キャリア10年以上のベテランです。高い技術を持っています。
図面も当社で作成し、お客様に提出が出来ています。図面を提供する会社は、ごく少数です。

ウッドデッキの豆知識