ウッドステインプロ

商品一覧ページへ

防虫・防腐・防カビ・撥水・紫外線の対策は、コレ1本でOK

リーベがウッドステインプロをおすすめする理由

対策は、これ1本でOK
防虫・防腐・防カビ・撥水・紫外線対策は、
これ1本でOKです。
防虫・防腐・防カビ・撥水・紫外線予防
ウッドデッキを作成する方も、デッキキットやフェンスを買った方も、メンテナンスする方も、リーベで一番多くご購入する屋外木部塗料は ウッドステインプロ です。
シロアリ対策も、防腐も、UV対策も、もちろん見た目を美しく仕上げるのも、全部この塗料でまかなえるのです。
塗料メーカーとの共同開発
100年以上の実績を持つ塗料メーカーとの共同開発です。 クレオトップやスーパーウッドステインという塗料をご存知の方は多いと思います。 防腐剤やシロアリ対策塗料を中心に塗料を開発してきた 創業明治42年の老舗メーカー・株式会社吉田製油所の塗料です。 ウッドステインプロは、この吉田製油所とリーベとの共同開発商品なのです。
発売開始から 1億5000万円以上 売れている リーベのヒット商品です。
※2015年4月時点概算
木目が活きます
木目が活きるオイルステイン塗料です。 塗装のお問い合わせで一番多いのが、「素材の木目を活かしたい」というご要望です。 表面に塗膜を作るタイプの塗料は、木目を塗りつぶしてしまうので風合いが変わってしまいます。 けれどもステイン系塗料なら塗膜を作らず、透明性に優れていて、表面のきれいな木目を活かせるのです。
高性能なのにリーズナブル
ウッドステインプロは、これだけ高性能なのにリーズナブルです。 塗装は案外お金がかかるものです。
「大事なウッドデッキやフェンスは大事にしたい。 でも、出来ればコストは抑えたい。」 なのに「有名ブランドの塗料なら間違いないから …」 という理由で塗料を選んでいる方が多くいらっしゃるようです。
成分的には、ウッドステインプロはそれらのブランド塗料と大差ありません。
ということは、性能にも開きはありません。 ましてや塗料は1~2年でメンテナンスし直すものです。 僅かな性能差があるとしても、この短いサイクルでは素材の寿命に大きく影響することはありません。
それなら、コストパフォーマンスの良い塗料 を選びたくなりませんか?

オイルステインとは …?

ステイン系塗料は、木部の内部に浸透して内側から効果を発揮するタイプの塗料です。
塗布した後に木目が残るので、木材の美しさを活かしたい時におすすめです。 木目好きな日本人にピッタリの塗料です。

塗膜タイプの塗料だと、表面はしっかり保護されますが、割れや剥がれが生じると厄介です。 そこからカビやシロアリが発生するので、早めに補修しなければなりません。

また、染み込むタイプのステイン系塗料は作業性が良いので、初心者にも扱いやすいです。
塗り直した後も、塗膜がないので 前回の塗料を剥がす という面倒な作業が要りません。

塗膜を作る塗料(造膜型) と ステイン系塗料(浸透系) の図解

図解

ラインナップ

クリア
クリア

無色です。 少し濡れたような色合いになります。 下塗りにも使用できます。

※退色防止の効果はありません。

チーク
チーク

一番人気のある、あたたかみのある明るい茶色です。

ウォールナット
ウォールナット

シックで高級感のある茶色です。

ピニー
ピニー

明るい黄味のある薄い茶色です。

オリーブ
オリーブ

緑味を帯びたクールな色合いです。 渋みを加えた仕上がりで、和モダンにも似合います。

グレー
グレー

天然木の退色した時の色に一番近い自然な色合いです。

パリサンダ
パリサンダ

ウォールナットよりもさらに暗い色、黒に近い色合いです。

ホワイト
ホワイト

うっすらと木目が浮き出た白色に仕上がります。 ナチュラルアンティーク風の仕上がりです。

※注意事項※

  • お使いのモニターの設定状況により、実際の色味と異なる場合があります。
  • 木材によって添付した後の色合いの差がございます。
  • 塗り重ねるごとに色味が濃くなります。また、紫外線対策(退色・ササクレ防止)には濃い色をお勧めしております。

商品仕様

用途屋外木部保護塗料
ウッドデッキ、木部建物の外装、屋外構築部の木部、羽目板、戸袋、窓枠、雨戸、窓格子、ドア、ぬれ縁、壁、天井、支柱、フェンス、棚、ログハウス、ベンチ などの屋外木部
容量4L/16L
成分石油系溶剤、アルキド樹脂、無機顔料、撥水剤、ピレスロイド防虫剤、木材防腐剤(3-ブロモ2、3-ジヨード-2-プロペニル=エチル-=カルボナート)
※成分中に、有機リン系防虫剤および鉛化合物を含有しません。
比重カラータイプ / 0.846~0.866 (JIS K 5400)
クリアタイプ / 0.832~0.852 (JIS K 5400)
粘度10.8 ± 0.5 秒 (JIS K 5400 フォードカップ No.4 法)
引火点42.5 ℃ (JIS K 2265 タグ密閉式) 第4類第2石油類 危険等級 III
塗布面積1L = 約10平米 (1回塗りの場合)
※2回塗りがおすすめです。 塗り重ねるごとに色味が濃くなります。
乾燥時間(目安)約4~8時間 (季節・湿度により異なります)
メンテナンス2年に1回程度 (1年に1回が理想的です)
塗装面が剥離した場合は、早めの塗り直しをおすすめします。

使用方法

  • 塗布前に塗装面のゴミやホコリを取り、よく乾かしてください。 軽くサンドペーパーなどで表面を研磨した方が塗料のノリが良くなります。
  • 使用前に良くかき混ぜてから使用してください。 また、シンナーなどで薄めるのはお避け下さい。
  • 樹種や乾燥状態など、条件の違いによって色味に差が出ることがあります。塗装前の試し塗りをおすすめします。
  • 油性塗料用刷毛にたっぷりと塗りつけ、刷毛で刷り込むようにして塗ってください。
  • 美しい仕上がりのために2回以上の重ね塗りを推奨しています。 塗布量が足りないと効果が正常に発揮されにくい場合があります。 針葉樹材の色ムラ防止には、クリアを下塗り剤として使うとムラになりにくくなります。
  • 2回目の塗布は、1回目の塗布の12~24時間後(クリアでの下塗りの後は4~8時間後)に行ってください。 ※気候や樹種などの条件により調整してください。
  • 作業の際は、汚れても良い格好で行ってください。 手袋・マスク・メガネなどの着用をおすすめします。
  • 刷毛などの道具は綺麗なものを使い、使用後はうすめ液で洗ってよく乾かしてください。
  • 保存の際はフタをしっかりと閉め、シンナーを少し入れ(混ぜないで)保管してください。 残量が少ない場合は小さな容器に移し替えてください。 使用期限の目安は半年程度です。
  • 塗装した木材に液体(熱湯・アルコール・ケチャップ・醤油・ソースなど)をこぼした場合には、すぐに拭き取れば跡は残りません。

塗り見本

※塗布したカラーは、左から クリア・チーク・ウォールナット になります。

塗り見本

※お使いのモニターの設定状況により、実際の色味と異なる場合があります。

お客様の評価

レビュー総計 1,500件以上!

満足度

満足度
大満足792
満足632
普通141
やや不満13
不満12

※リーベグループ店舗レビュー総計: 2015年4月

MANA 様
仕事で使っています。伸びが良く塗りやすく、仕上がりも綺麗で大変気に入っています。 また、在庫がなくなりましたらお願いします。

あげは 様
キシラデコールと同性能】木材保護塗料ウッドステインプロ 4L ウォールナット購入しました。 2×4材でウッドデッキを作成し、床板2×4材6f 36本に両面に2度塗りしました。 木材への吸い込みが良く臭いも、低臭と書いてあるクレオソート系に比べるとほとんど気になりませんでした。 まだ、半分ほど残っているので取り付け予定のラティスにも塗る予定でいます。 乾燥後の撥水は塗ったばかりと言うこともあり、玉のように水を弾きまさに保護塗料の威力を実感しました。 経年劣化は今後見てみないと判りませんが2×4材の耐久性をどのくらい風雨から伸ばしてくれるか楽しみです。 私のようにコスト抑えて2×4材でウッドデッキを作りたいと考えている人に立ちはだかる材木の耐久性、高価な保護塗料というリスクを大幅に解消してくれて、強い味方になってくれる商品だと実感しています。

主な感想

※2015年4月調査(リーべグループ店舗総計) ※複数回答あり

塗りやすい
ムラになりにくい
94
さらっとしている
すぐ浸み込む
馴染みやすい
49
安い
コストパフォーマンスがいい
45
色が好み
高級感が出た
52
よく水を弾く18
リピーター24
また購入したい24
その他40
上記「その他」にて、多くいただいた お客様との Q&A
缶が開けづらい。コツを教えて欲しい
ウッドステインプロの缶はマイナスドライバーで簡単に開けられます。 開ける際は本体の側面を圧迫しないようにご注意ください。(中身が飛び出す場合があります)
別の容器に移し替えづらい
注ぐ際は注ぎ口が上になるようにして下さい。
下向きに注ぐとこぼれやすくなります。 「灯油のような」と表現したお客様がいるほどサラッとした塗料なので、粘度の高い塗料よりも飛び散りやすくなっています。 周囲は必ず養生し、汚れても構わない服・軍手・マスク・メガネなどの着用をおすすめします。
ちょっと色が薄い。 思っていた色と違う
二度塗りを基本としている塗料ですので、一回塗りだと薄いと感じられる可能性があります。 塗り方にもよりますが、屋外木部用ですので、二回以上しっかりと塗ると効果が高くなります。 塗る前には試し塗りをおすすめします。 材種によって発色に差がありますので、ご理解ください。 また、ステイン系塗料ですので、樹種の色味が影響します。特にホワイト色はペンキのような真っ白になることはありません。

缶の開け方

    [ポイント]
  • キャップの下にマイナスドライバーの先端を充て、缶の淵にドライバーの軸を充てます。
  • 缶の淵に充てた部分を支点にドライバーのグリップを押し下げます。(ドライバーの先端がズレないように意識してください)
  • 基本はテコの原理です。 マイナスドライバーでなくてもOKです。

施工例

image
ウリン・アマゾンウリン +[ウォールナット色]
image
サイプレス +[ピニー色](塗布直後)
image
イタウバ +[チーク色]
image
サイプレス・セドリーニョ +[オリーブ色]

» 他の施工例をもっと見る

注意事項

  • クリアには対紫外線効果はありません。
  • 日差しが強い場所や雨が直接かかる部分は塗料が劣化しやすいので、こまめに塗り直すと長く美しさを保てます。
  • ハケなどの塗装用具やメーカー直送の商品は、同時にご注文をいただいても別送になります。 予めご了承ください。
  • ウッドデッキやウッドフェンスなどとは倉庫が異なるため、セット品のご注文、あるいは同時にご注文をいただいた場合でも別々のお届けになります。

ご購入はこちらから