ウッドデッキ・ウッドフェンスの塗装の知識

ウッドデッキと付属のフェンス、パーゴラなどを長持ちさせるには、定期的な塗装メンテナンスが重要です。
塗装に関しては、防腐効果が高い塗料を選びましょう。
リーベは、最先端の防腐塗装(防腐・防蟻・防カビ・防藻・紫外線カット)の技術を加えております。
信頼・最強のウッドデッキの塗装でウッドデッキを長い寿命にしましょう。

ウッドデッキのDIYメンテナンスについて

1.塗装に必要なメンテナンス道具を用意
100均で買えるものばかりです。
ペイント薄め液、ハケ、塗料カップ、ハケ、ローラーなどはあるといいですね。
勿論、塗料は必須です。

ウッドデッキ完成時:
まずは、作製した際に下記におすすめする屋外木部用塗料で塗装しましょう。

2.塗装前の準備
まずは木材の掃除と汚れをメンテナンスをします。
掃き掃除 → 水拭き掃除 → こびりついた汚れ・床汚れは、重曹、洗剤、サンドペーパーやサンダーなどできれいにします。
高圧洗浄機があれば最高です。

3.定期的な手入れ・メンテンナンス
堅木・ハードウッドのメンテナンス
ハードウッドの多くは無塗装でも長持ちします。 特に塗装しなくても長くお使いいただけますが、
なるほど腐りや虫害には強くても紫外線ダメージは防げません。 ササクレや表面の毛羽立ちが生じることもあります。
その際は、紙やすりでささくれや毛羽立ちをきれいにメンテナンスをします。
定期的なメンテナンスは、頻度5年~50年(イタウバ マットグロッソ州産、イペ、セランガンバツ、ウリンなどのハードウッドの場合)
に塗装をすることをおすすめします。
メンテナンス費用は、5千円/回ほどです。

4.ソフトウッドのメンテンナンス
ソフトウッドのレッドシダー、SPF材、スギ、松は無塗装では直ぐに腐ります。
その際は、定期的なメンテナンスを頻度1~2年毎に塗装メンテナンスをすることをおすすめします。

5.塗料の色
塗料は、防腐のためだけではありません。家の外装の様に好きな色を塗るのもいいことです。
イペ、ウリン、アマゾンウリン、イタウバ マットグロッソ州産、セランガンバツーなど濃い色のハードウッドには ウッドステインプロジャラオイルをおすすめます。

6.万能の「ウッドステインプロ
塗膜を作るタイプの塗料は、一部が剥がれるとメンテナンスが面倒です。 また、せっかくの木目が塗りつぶされてしまうので、天然木の美しさを生かしたい場合にはおすすめいたしかねます。
浸透型(オイルステイン)の塗装がおすすめです。 メンテナンスの際に剥がす手間も不要です。 リーベでは塗装はウッドステインプロ を推奨しています。

とても伸びが良く塗りやすい、リピーターの多い塗料です。
もちろん明るい色の塗料も塗り重ねるごとに濃い色になります。


ウッドデッキ材の一覧はこちら


万能のウッドステイン:
塗膜を作るタイプの塗料は、一部が剥がれるとメンテナンスが面倒です。 また、せっかくの木目が塗りつぶされてしまうので、天然木の美しさを生かしたい場合にはおすすめいたしかねます。
浸透型(オイルステイン)の塗料がおすすめです。 メンテナンスの際に剥がす手間も不要です。 リーベではオリジナル塗料の ウッドステインプロ を推奨しています。

おすすめ商品

ダントツ人気!
ウッドステインプロ

image

ハードウッドの紫外線対策なら
ジャラオイル

image

下地処理いらず
ワトコオイル

image

恐ろしい白アリの被害から建築物を守る
白アリスーパー21

image

強烈臭がない新時代の高性能木材防腐剤
クレオトップ

image

自然塗料のようなウッドデッキステイン
水性スーパーウッドステイン

image

木目を活かした仕上がり、浸透性のカラー塗装
リボス

image

塗料はこちら


DIYメンテナンス・再塗装について

ウッドフェンスの再塗装は頻度3年~5年に一度程度が目安です。
木材の状況を見て、2年後に、いや、8年目にのように塗布メンテンナンスをすればよろしいかと思います。

ウッドフェンスの柱元は雑草が生えると手入れがしにくいものです。
防草シート、バークチップ などで対策しておくのもおすすめです。

雑草対策特集

塗料に関する特集ページ

ウッドデッキのお手入れ・メンテンナンスの塗装

ウッドデッキ用塗料販売・塗装

ウッドデッキ用の塗料

スーパーウッドステイン

ジャラオイル

ウッドデッキのDIY塗装方法

ウッドデッキ・ウッドフェンス用の最適な塗料通販

屋外・屋内の塗料・ペンキ