Kankyowood II 無垢材

サイズ・価格表はこちら 

Kankyowood II無垢材でつくるウッドデッキ

天然木材のような外観と手触りをそのまま再現
上品で落ち着いた雰囲気を演出します

目次
  1. Kankyowood II無垢材 特徴
  2. Kankyowood II無垢材 施工事例
  3. Kankyowood II無垢材 ラインナップ
  4. 注意事項
  5. 関連特集ページ

Kankyowood II無垢材の特徴

資源循環サイクル

合成木材Kankyo-woodⅡは、材木屑などのリサイクル木材とリサイクルプラスチックを混合し、押出成形した人工木材です。

合成木材は天然木に比べ耐水性が良く、細菌による腐食やシロアリによる食害がありません。

資源循環サイクル

耐候性・防腐性

天然木など屋外にあるどのようなものも紫外線や雨風による劣化は防げません。

しかしKankyo-woodⅡは木粉に加えてプラスチックを使用しているため高い耐候性を発揮します。

また、天然木に比べ耐水性に優れ、さらに腐朽菌やシロアリの被害も受けにくいため、長期間衛生的にお使いいただけます。

耐候性・防腐性

安全性

Kankyo-woodⅡは、ホルムアルデヒドやカドミウム等の有害物質の放散量および溶出量がJIS A 5741で定める基準値以下であることを試験により確認しており、安心してご使用いただけます。

また、天然木と異なりトゲやささくれの心配がなく、タバコを置いても燃え広がりにくい点も特長です。

帯電防止

デッキ材はすべての製品に標準で帯電防止機能をプラス。静電気によるパチッとくる痛みを感じることなく安心してお使いいただけます。

Kankyowood II無垢材の施工事例

公共施設のスロープ付きウッドデッキ
△公共施設のスロープ付きウッドデッキ
幼稚園のウッドデッキ
△幼稚園のウッドデッキ
屋外広場でのデッキ施工
△屋外広場でのデッキ施工
フェンスとデッキを組み合わせた施工
△フェンスとデッキを組み合わせた施工

Kankyowood II無垢材 ラインナップ

注意事項

色について

樹脂木ウッドデッキKankyo-woodⅡ(カンキョウ ウッドⅡ)は、リサイクル素材の為、原材料に起因する色調限度範囲内での表面色のばらつきがあります。 微妙な色の違いにつきましては予めご了承ください。
表面をサンディング加工しておりますので、芝目のように長手方向に順目・逆目が存在し、光の当たり方や見る角度により色合いが部分的に違って見えることがあります。
表層部をサンディング加工した際や、ご使用中における表面のこすれ等により発生した粉が衣類に付くことがありますので洗濯物や布団などが直接触れないようにしてください。
天然木を使用していますので表面に付着した削り粉や、削られた表面から木の成分が雨水により染み出す場合があります。 品質に問題はありませんので、安心してご利用ください。 また、土間や壁に付着した場合、中性洗剤で速やかに洗い流してください。

退色について

樹脂木ウッドデッキKankyo-woodⅡ(カンキョウ ウッドⅡ)は、リサイクル木材とリサイクルプラスチックを原料としたリサイクル素材です。 天然木に見られるように雨や太陽光の影響により初期段階で表面層から徐々に退色・劣化していきますが、その後の変化が少なく、高い耐候性があります。

カビについて

設置環境によっては、表面にカビが発生する場合があります。
カビが発生した場合には、中性洗剤を水で希釈して薄めた液で汚れを落とし、洗剤が残らないように水洗いしてから乾拭きしてください。

使用上の注意

製品を安全にご使用いただくために必ずお守りください。

汚れについて

汚れは使用環境に大きく影響されます。 汚れが付着したときは、頑固な汚れになる前に清掃等を行なってください。
デッキに空き缶や鉄製の物等を直接おいて長時間放置しないでください。 鉄の錆等でシミが生じる恐れがあります。
表面に灯油やガソリン、有機溶剤等が付着した場合はすぐに拭き取ってください。 変色・変形の恐れがあります。

燃焼について

本製品は不燃材としての認定は受けておりません。
本製品は可燃性であり、天然木が燃えるような条件下では燃えてしまいます。 本製品の上で火を燃やしたり加熱したりすると、燃えたり変形したりしますので絶対におやめください。 また、バーベキューコンロ等、高温になるものを置いたり、周辺での火気の取り扱いには充分にご注意ください。 変形、変色、破損の恐れがあります。
自己消化性を有しておりませんので万一着火した場合は水散布または各種消火器にて消化してください。
給湯器や暖房機などの熱排気が、製品に直接あたらないようにしてください。 熱による部材の変形・劣化の恐れがあります。
本製品が燃焼しても塩素系の有毒ガスは発生しません。

表面温度について

直射日光により床材が高温となる可能性がありますので、デッキ上ではスリッパ及び上履きをご使用ください。 特に幼児や小さいお子様が使用される時は充分注意してください。

熱伸縮について

樹脂木ウッドデッキKankyo-woodⅡ(カンキョウ ウッドⅡ)は、木と樹脂の特性を持ち合わせており、温度差や温度差等の自然条件による伸縮や反りは使用上支障をきたさないよう考慮されております。 また、施工上及び使用上、問題のない範囲で反りや曲がり(寸法公差範囲内)のある製品が納入される場合がありますので予めご了承ください。

荷重について

人が歩行するデッキ材ですので、車両(自動車、自転車、オートバイ、重量のある台車等)の通行する箇所には使用できません。
重量物を置く場合は、荷重を集中させないよう大きな敷板等の上に置くようにしてください。
重量物を落とさないようにしてください。 特に木口や角部が衝撃により割れや凹みが発生する恐れがあります。
重量物を長時間載せたままにしますと床板が曲がる恐れがあります。
強い衝撃を与えるような、飛び乗りや飛び降りをしたり、ぶら下がったりよじ登ったりしないでください。 製品が破損する恐れがあります

その他の注意事項

本製品は原材料にプラスチックが配合されているため使用環境や摩擦(歩行等)により静電気を帯電する場合があります。
製品の特性上、隙間(目地)をあけた使用となっておりますので、指を挟まないようにご注意ください。
雨や散水後は滑りやすくなりますので、歩行には充分ご注意ください。
樹脂木ウッドデッキKankyo-woodⅡ(カンキョウ ウッドⅡ)には、反りやねじれがある場合があります。 あらかじめご了承ください。 取付け公差や製造公差、または経年変化により、デッキに雨水がたまる場合がありますが、性能上は問題はありません。
デッキ面を傘等先端の尖ったもので突かないでください。 破損や変形の恐れがあります。
天然木に比べトゲやササクレもなく、腐ることもありませんので防腐処理の必要はありません。 市販されている木製品用のメンテナンス製品が適合するとは限りませんので、あらかじめご了承ください。

関連特集ページ