樹脂木・人工木DIYでウッドデッキの作り方2 ~金属の土台編~

樹脂ウッドデッキの作り方は、シンプルで簡単!
この施工では、破格な価格の人工木アドバンスウッド「床材+アルミ根太+鋼製束」で施工を行ないます。

アルミ根太 × 樹脂ウッドデッキで簡単にウッドデッキが作れます!

樹脂ウッドデッキ(アドバンス デッキ)は、専用のジョイント金具を使用することで簡単に施工ができるんです。

アルミ根太と鋼製束の土台 × 人工木材 のおすすめ施工方法をご紹介します。

ウッドデッキの構造にアルミ製の根太と鋼製束を使用することで、簡単に施工することができます。 更に、天然木特有の腐りや劣化の心配もないので長きに渡りウッドデッキを安心して使っていくことが出来ます。 樹脂製の床板には施工が簡単なことで人気の「アドバンス デッキ」を使用します。 専用ジョイント金具を使えば床板のビズ穴をなくすこともでき、皿取り加工など固定に必要な工数をぐんと減らし、 作業スピードがアップ! 時間もかからずに完成させることができます。


完成イメージ

完成イメージ
完成イメージ

「樹脂製床材+アルミ根太+鋼製束」を使った樹脂ウッドデッキの組み立て手順

※アドバンス デッキを使用しました。

1.樹脂床材の材料を測り、カットする

1-1

1-1 仕上がりをイメージして、各部材のサイズを決めます。

1-2

1-2 床板のカット:樹脂木は手ノコでも切れます。

1-3

1-3 根太のカット:アルミ製なので専用の丸ノコを使用します

2.鋼製束の柱を立てて、根がらみと根太を取り付ける

2-1

2-1 鋼製束の位置を決めます。必要であれば地面に固定します

2-3

2-2 根太を仮置きして水平が取れているかチェック

2-3

2-3 金属用ビスを使って束と根太を固定します

2-4

2-4 今回はアルミ根太を2重構造にしました

2-4

2-5 土台部分が完成

♣ 施工ポイント その1

  • 実際の施工の場合は柱は束石や平板などの上に配置してください。
  • ハードウッドにビス打ちする際は下穴をあけてください。
  • 根太ピッチは 400mm 程度です。

3.床材を張る

3-1

3-1 床板の端にエンドキャップを取り付けます

3-2

3-2 根太に専用の端部金具を置きます

3-3

3-3 金属用ビスで金具を固定します

3-4

3-4 床板の横溝を金具にはめ込みます

3-5

3-5 反対側に次の金具をはめ込みます

3-6

3-6 金属用ビスで金具を固定します

3-7

3-7 このように固定します

3-8

3-8 同じように金具の固定と床板のはめ込みを繰り返します

3-8

3-8 床板の隙間は約7mで仕上がりました

♣ 施工ポイント その2

  • 根太は柱より2mm程度手前に貼り付けます。
    それにより金具のやや手前になり、最後に外側から幕板を貼るとピッタリ収まります。
    image

♣ 施工ポイント その3

  • 最後の床板を貼る際は固定金具が使用できないので、ビス打ちで床板を固定してください。 作業スペースを広く確保できる場合は、端部金具を根太に固定してから床板を端からスライドさせて差し込む方法もあります。

partsparts

» ジョイント金具の購入ページ       » 端部金具の購入ページ

金具の固定におすすめ 「ワッシャー」

金属根太の厚みが薄い場合、ビスを打ち込んでも金具が動いてしまうことがあります。

※根太の厚みが2mm以下の場合はワッシャーが必要です。

金具をしっかり固定させるためには、アルミ根太との間にワッシャーを一枚挟んでください。ワッシャーの厚みが加わることでビス打ちした際にしっかりと固定されます。

金具の固定におすすめ 「ワッシャー」

金具の固定におすすめ 「ワッシャー」
金具の固定におすすめ 「ワッシャー」

ワッシャー ステンレス平
1.2(厚)×25(直径)×5.5(内直径)mm
100枚入

購入はこちら


4.幕板を張る

4-1

4-1 仕上がりをイメージして、各部材のサイズを決めます。

4-2

4-2 アドバンスデッキに打ち込む際は木用のビスでも大丈夫です

4-3

4-3 幕板がアルミ根太を隠してきれいな仕上がりとなります

5.完成!

5.完成

樹脂ウッドデッキ施工上の注意事項

  • 根太ピッチは 400mm 程度で設定してください。
  • 隣り合う床板同士の隙間(目地)は 7mm 程度の隙間を設けて下さい。
  • 構造物に隣接させる場合も、それぞれ 7mm 程度の隙間を設けて下さい。
  • 金具を固定するビスには推奨商品があります。 金具穴とビス頭のサイズが合うよう設計してあります。
  • 鋼材等の補強をせず、アドバンスデッキ単独では構造物建材としての使用はしないで下さい。
  • デッキの片持ち箇所の張り出しには、根太材の中心箇所から 120mm 程度の距離までを上限として下さい。
  • 根太等の切りくずはデッキ上に残らないように除去して下さい。 もらい腐り・もらいサビの原因となります。

樹脂デッキの基礎土台について

柱(天然木と鋼製束)や根太といったウッドデッキの基礎土台は、デッキ全体を支える上で重要な部分です。
強度は勿論のこと、耐久性や安全性にも気をつけて選びましょう。

♠ 今回の工具

  • インパクトドライバー

天然木の場合

image

柱も根太も天然木を選ぶことで全体が木のナチュラルな印象になります。 より耐久性を求めるのであれば、必ずハードウッドの木材を選びましょう。

おすすめの天然木ハードウッド材
» イタウバ マットグロッソ州産  » アンジェリーナ

鋼製束の場合

image

地面がコンクリートや土間の場合におすすめです。 強度はもちろん、施工のしやすさも魅力的です。 サイズも多種から選べるので、ベランダでの施工など低いデッキにもよく使用されます。

「匠力」鋼製束はこちら »

基礎がマルチポスト・鋼製束の場合

image

こちらも鋼製束と同じくコンクリートや土間に使用できます。 外側から見えてしまうと景観を損ねるため、周りを下まで幕板で覆うことで美しく仕上げることができます。

マルチポストはこちら »

♣ 施工ポイント その5

樹脂製の床板ピッチ幅と目地幅は?

デッキ材ピッチ幅は 147mm、目地幅は7mmとなります。(専用金具を使った場合)

image

必要な床板の枚数と目地幅

image

  デッキ幅の長さ
1m 2m 3m 4m 5m 6m 7m 8m 9m 10m







1m 4本 7本 11本 14本 18本 21本 25本 28本 32本 35本
2m 7本 14本 21本 28本 35本 42本 49本 56本 63本 70本
3m 11本 21本 32本 42本 53本 63本 74本 84本 95本 105本
4m 14本 28本 42本 56本 70本 84本 98本 112本 126本 140本
5m 18本 35本 53本 70本 88本 105本 126本 147本 158本 175本
6m 21本 42本 63本 84本 105本 126本 147本 168本 189本 210本
7m 24本 48本 72本 96本 120本 144本 168本 189本 216本 240本
8m 28本 55本 83本 110本 138本 165本 193本 220本 248本 275本
9m 31本 62本 93本 124本 155本 186本 217本 248本 279本 310本
10m 35本 69本 104本 138本 173本 207本 242本 276本 311本 345本

※専用金具を使用した幅で計算しています。
※材料は一割ほど余裕をもってご購入ください。
※施工途中での破損や不良品があった場合に工事が延長し、余分な費用が発生する可能性があります。



ご購入はこちらから