ウッドデッキ+テラス屋根付きのDIY作り方・施工方法の知識

ウッドデッキ+テラス屋根付きの作り方知識を満載にお伝えします!

目次

1 価格

ウッドデッキ+テラス屋根付きに必要な 材料・建材の価格と費用

ウッドデッキ+テラス屋根付きの価格 は 構造材料と屋根用の建材・資材(ポリカーボネート(平板・波板)、オーニング、サンシェード、タープ)で構成されています。

シンプルな施工ですのでDIY初心者でも作れます。
ウッドデッキ+テラス屋根付きの 価格・費用に関してDIYで施工をすれば「安く」作れます。
基本は、パーゴラに屋根を多少アレンジすれば、ウッドデッキ+テラス屋根付きが作れ、デッキをポリカーボネートで囲えばサンルームも作れます。

各種メーカなどのウッドデッキ+テラス屋根付き 価格比較:
*ベースのウッドデッキの価格は含まれません。

エクステリアメーカーのテラス商品 アルミ材料価格は、約4万円  施工費用は約2万円 

  ハードウッド イタウバ マットグロッソ州産 木材価格は、約3万円  DIY施工費用は0円 
  (ポリカ平板 2m2分含む)
  防腐注入木材 ヒノキ 木材価格は、約2.5万円  DIY施工費用は0円
(ポリカ平板 2m2分含む)

* 間口1800mmx出幅900mmx高さ2000mm (サイズは約)をベースに計算をしています。

構造材の木材メリットは、加工が簡単に出来るので様々なデザインへの応用ができる。
ナチュラル感が人の気持を和らげる。
雨などが溜まらないので、高い耐久性が更に耐用年数が大きく伸びる。
補修も簡単です。

簡易に安い価格でウッドデッキ+テラス屋根付きを作る方法(オーニング、サンシェード、タープ)



タープを使用した屋根は安くて簡単設置が出来ます。
しかし、十分な安定性は無い。

シェッドも簡単に設置ができます。
開閉・折りたたみが出来る。強度もまあまあです。

電動オーニングもウッドデッキ屋根替わりになります。
弱点は、強風ですと壊れてしまう可能性があります。

日よけの価格はこちら

木材の価格はこちら

ビスなどの価格はこちら

2 ウッドデッキ+テラス屋根付のDIY作り方・施工

ウッドデッキに屋根が覆われると雨など気にせずに洗濯物を干せます。いつでも外に出られるようになります。
また、夏でしたら日よけとなり涼しく快適に過ごすこともできます。

ウッドデッキの屋根の作り方はこちら

木材での施工のヒント
ナチュラル系のおしゃれなデザインでしたら、材料は天然木材が断然おすすめ。雰囲気がいい。
屋根の材料は、本格的ならば軽くて丈夫なポリカーボネート板を推奨します。
屋根や柱が母屋に接っする場合は、コーキングを使用します。
ポリカーボネート板が吹き飛ばないよう、しっかりたくさんのビスで固定しましょう。

サンルーム的な施工のケース:

屋根と囲い(テラス囲い)の材料 ポリカーボネート板(平板・波板)を使用して簡易サンルームも作れます。
現在、ポリカーボネート板が一番、推奨します。耐久性、実績、価格などでメリットが高い。

一方、ポリカーボネート板は優れた商品ですが、欠点もあります。

欠点1 傷がつきやすい
雑巾で拭くだけでも細かいキズが沢山できてしまいます。

欠点2 収縮する
施工後のポリカーボネート板(平板・波板)は若干伸び縮みが起きます。
屋根での仕様でしたら見た目の問題ないと思いますが、囲い壁での仕様は収縮することで隙間やゆがみがでます。

欠点3 高温になる
四方と天井の全てをポリカーボネート板で囲うと、内部温度が上昇します。
特に、デッキの床材が人工木デッキ・樹脂デッキだとかなり熱くなります。
そこで、囲いをポリカーボネート板だけでなく、一部木材で囲いをするのがいいと思います。

ポリカーボネート板(平板・波板)での施工については、
ポリカーボネート板を使用するDIYの場合、完全な状態で仕上げるのは難しいです。
雨が入ってくる、歪みが出るなど多少のことには目をつぶる覚悟で作成しましょう。

images

建材・資材の施工注意

ウッドデッキ+テラス屋根付は木材を使用するように強くおすすめします。
なぜなら、人工木・樹脂木などを使用するとほぼ100%曲がったり、縮んだりします。
注意された方がいいと思います。

ナチュラル系のおしゃれなデザインでしたら、材料は天然木材が断然おすすめ。雰囲気がいい。
屋根の材料は、本格的ならば軽くて丈夫なポリカーボネート板を推奨します。
屋根や柱が母屋に接っする場合は、コーキングを使用します。
ポリカーボネート板が吹き飛ばないよう、しっかりたくさんのビスで固定しましょう。


サンルーム的な施工のケース:

屋根付きウッドデッキをサンルームのように作ることが出来ます。
ウッドデッキをポリカーボネートで囲えば(テラス囲い)ポリカーボネート板(平板・波板)を使用して簡易サンルームも作れます。
現在、ポリカーボネート板が一番、推奨します。耐久性、実績、価格などでメリットが高い。

3 ウッドデッキ+テラス囲い+屋根付

ウッドデッキの屋根に囲い(テラス囲い)を設置する目的として一番多いのは、やはり目隠し、プライバシーと洗濯干しです。

とくに都心では、隣家や通りからの視線が気になります。そんなお宅にはとてもおすすめです。
囲いをつけることで、よりプライベートな空間作りになります。

洗濯干しも重要です。毎日のことですので。干し物も隣家などに見られないのは安心です。

又、簡易なサンルームならば、ポリカーボネート板(平板・波板)で安価にサンルームが作れます。

既存のウッドデッキに屋根を取り付ける場合は、
後付固定金具(つむ木)
か ウッドデッキの外周に新たに基礎・柱を作る 2つの作り方があります。

新たな基礎、柱は大変な作業なので、後付固定金具で ウッドデッキの屋根を作ることを推奨します。

images

最後に、屋根をおしゃれにするなら好きな塗料色を塗装すれば 庭からも室内からもおしゃれになります。

塗料のご紹介はこちら

images

ウッドフェンスの目隠し

images
テラス囲い +ウッドデッキ
images
サンシェード屋根 + ウッドデッキ

ポリカーボネート(平板・波板)囲み

images
ポリカーボネート(平板・波板)囲い +ウッドデッキ + 屋根
images
テラス屋根 + ウッドデッキ +テラス囲い

5 ウッドデッキ+テラス屋根付き 施工例デザイン
images
images
images
images
images
images
images
images
images
images
images
images

6 ウッドデッキの屋根の固定資産税の問題

固定資産税は、対象になりません。

オーニング、サンシェードなどは、設置されても 可動なものですので、問題ないです。

ポリカーボネート(平板・波板)などの屋根付きウッドデッキの場合は 建築基準法上は建築物となりますが、外壁がないので、問題ないです。

屋根付きウッドデッキを全て囲う場合、固定資産税の対象となる可能性がありますが、 あまり、聞いたことはありません。