パーゴラの施工計画と作り方

手順1
まずは、パーゴラの屋根のサイズを決める
手順2
デッキの図面を見て、基礎の束材・角材の位置を確認
手順3
基礎部分の束材・角材の位置を決める
同時に「高さ」を決める
手順4
基本、屋根は雨よけに片流れ構造(雨が上から下に流れるような傾斜)なので、 奥から手前の束材・角材の高さを調整します。
手順5
最後は、屋根部分をどうアレンジするかです。
手順6
屋根の資材でDIYが必要なのは ポリカーボネート(平板・波板)を屋根に張り付ける作業が必要です。

サンシェード、タープ、開閉オーニングは、 簡易に取り付けられます。

パーゴラの施工計画と作り方
パーゴラの施工計画と作り方
パーゴラの施工計画と作り方

ヒント
屋根の下に
  • 目隠しウッドフェンスを張る
  • ポリカーボネート(平板・波板)で囲う
  • 手すり
  • 洗濯干し
  • テーブルやチェアで屋外リビング
  • バーベキュー スペース
なども役立ちます。

パーゴラの施工例

後付の屋根付きウッドデッキの方法

後付をする場合は、

後付固定金具(つむ木)

ウッドデッキの外周に基礎を作る 2つの後付作り方があります。

ウッドデッキの屋根を後付で作る場合は、 ほとんどの方々が固定金物(つむ木)を選ぶと思います。

屋根付きウッドデッキの写真

屋根付きウッドデッキ施工例
おしゃれな屋根付きウッドデッキ
屋根付きウッドデッキ施工例
簡易なサンシェード・タープの屋根付きウッドデッキ
屋根付きウッドデッキ施工例
ポリカーボネート(平板・波板)の屋根付きウッドデッキ

屋根付きウッドデッキの固定資産税の問題

固定資産税は、対象になりません。

オーニング、サンシェードなどは、設置されても 可動なものですので、問題ないです。

ポリカーボネート(平板・波板)などの屋根付きウッドデッキの場合は 建築基準法上は建築物となりますが、外壁がないので、問題ないです。

屋根付きウッドデッキを全て囲う場合、固定資産税の対象となる可能性がありますが、 あまり、聞いたことはありません。

ご参考に。

関連特集ページ

パーゴラの作り方

白い・ホワイトのウッドデッキ・パーゴラ・フェンス