屋根付きウッドデッキのメリット・デメリット 20選

屋根付きウッドデッキテラスがおすすめです!
雨を防げる、強い紫外線を防げる、プライバシーも守れます!
屋根付きウッドデッキテラスのメリット&デメリットを 屋根付きウッドデッキテラスを作る前に知識を覚えましょう。

屋根付きウッドデッキテラス のメリットとデメリット
メリット

  1. 一番のメリットは雨・雪を防げること
    リビングに続くような空間が出来る
  2. 安心して洗濯干しが出来る
    奥様は毎日、洗濯が出来ます。
    太陽にあたった洗濯物は最高に気持ちが良いです。
  3. 日陰になるので冷房の電気費用が下がります。
    地球温暖化にも寄与しています。
  4. 紫外線を防げる、強い日差しを和らげる。
    今頃この女性は紫外線を嫌います。屋根付きのウッドデッキなら楽しくウッドデッキ生活が来でます。
  5. デッキの上でバーベキュー、読書、カフェは、日陰ができ快適な時間を過ごせるメリット
  6. 雨が降っていても子供が遊べるのは大いなメリットです。
  7. 暑い日は、日陰の下でペットも大喜び。元気になります。
  8. 雨を防げるのでウッドデッキの寿命が長ります。木材も樹脂デッキも同じ。
  9. 囲まれた空間でガーデンファニチャーなどでゆったり過ごせます。
  10. 雨に濡れない物、バーベキューコンロ、ガーデンファニチャー、テーブル、サンダルなどなどがうれしいですね。
  11. リビングと続く第2の部屋になる。アウトドアリビングの通り、外でも内でも素晴らしい家になるメリット
  12. 屋根があれば、家の外壁などが劣化しづらくなります。紫外線がサイディングや目地などを劣化させるから。

デメリット

  1. 屋根があると多少、部屋へ日当たりが悪くなるデメリット。
  2. 空の開放感が低くなるデメリット
  3. 屋根の掃除が大変になるデメリット
  4. 雪が多い場合に屋根が持つか心配になるデメリット
  5. ポリカボネートを通すと大変熱くなる
  6. メンテナンスが必要になるデメリット
  7. 台風などの風で煽られて屋根が破損する可能性があるデメリット

屋根付きデッキ

屋根付きウッドデッキ施工のヒント

  • ナチュラル系のおしゃれなデザインでしたら、材料は天然木材が断然おすすめ。雰囲気が違います。
  • 屋根の材料は、軽くて丈夫なポリカ板を推奨します。
  • 屋根や柱が母屋に接っする場合は、コーキングを使用します。
  • ポリカ板が吹き飛ばないよう、しっかりたくさんのビスで固定します。
  • 小さな屋根の後付け工事は、それほど難しくはないです。ウッドデッキの基礎柱に連結し、施行は可能です。

材料は木材がおすすめ

木材をおすすめします。
理由は、、

  • 加工が出来るので様々なデザインへの応用ができる。
  • ナチュラル感が人の気持を和らげる。
  • 雨などが溜まらないので、高い耐久性が更に耐用年数が大きく伸びる。
  • 補修も簡単です。アルミの補修は難しいです。

屋根のタイプ
★★★折りたたみシェード屋根

屋根付きウッドデッキテラスの屋根を折りたたみシェードにし、 マニュアルで開いたり、閉じたりするのも一考です。
布などがあれば、屋根もおしゃれになりますね。

折りたたみシェード屋根

★★★電動オーニング

ウッドデッキの上にオーニングをつければ、天気、気分により開いたり、締めたりが柔軟にできます。

≫ 電動オーニングのリンク

★★★大型パーゴラ

大きなデッキに大きなパーゴラがあれば、屋根付きウッドデッキテラスのような機能になります。
これもシェードを利用して、屋根を作れます。

日よけの 価格はこちら

屋根付きウッドデッキテラスの施工工事サービス

ウッドデッキ専門店のリーベワークス & 大日本木材防腐(DMB)は 屋根付きウッドデッキテラス、ウッドデッキテラス囲いの工事も承ります。

施工地域は、関東、東海、関西、四国、中国地方

おしゃれな屋根付きウッドデッキテラス 施工例集
施工例
ホワイトウッドの可愛らしいパーゴラ
施工例
ウッドデッキと色味を揃えたウッディなパーゴラ

施工例
パーゴラ×すだれで簡易的な日よけに
施工例
ポリカ板を使用した明るい屋根

施工例
パーゴラに布を乗せたカッコイイ屋根
施工例
屋根の板に植物を絡ませたナチュラルな屋根
関連特集ページ

ウッドデッキ屋根の知識

パーゴラ・ウッドデッキ屋根の作り方・施工

パーゴラの施工計画と作り方

自転車置き場・サイクルポート・屋根付き駐輪場をDIYで作製

屋上にウッドデッキ・パーゴラ・フェンスをつくる

ウッドウッドデッキに屋根をつけるメリット・デメリット