ささくれ・トゲ・バリのウッドデッキ補修・防止・修理のメンテナンス

雨、風、紫外線にさらされるウッドデッキは、ささくれ、トゲなどが大なり小なり必須です。
大人も子供の素足で走る場合は、事前にささくれなどのメンテナンスをしましょう。

ウッドデッキのメンテナンスをしよう!

施工直後はつやつやピカピカのウッドデッキも、一年も日光や風雨にさらされると変化します。
色はシルバーグレーに退色し、表面はササクレやトゲがでてくることも。

イタウバマットグロッソ施工時
イタウバマットグロッソ施工時
img
一年後
一年後
手順1 サンダー(やすり)掛け
手順1 サンダー(やすり)掛け
床面をサンダー(やすり)掛けします。
ハードウッドは硬いため、80~100番くらい のやすりがおすすめ。
手順2 塗装
手順2 塗装
木の表面を保護する塗料を塗りましょう。
退色したウッドデッキには顔料入りの塗料がおすすめ。
今回はウッドステインプロのウォールナット色を塗りました。

メンテナンス Before After

見違えるほどきれいになりました!まるで施工直後のようですね。
ウッドデッキはこのような定期的なメンテナンスを行い、末永く大切に活用したいですね。

Before
Before
img
After
After
ウッドステインプロ

ウッドデッキのメンテナンスにおすすめの塗料
ウッドステインプロ

カラー・容量一覧はこちら

木の種類別おすすめカラー  
ブラウン色系(イタウバ、イペ等)ウォールナット
赤褐色系(ウリン、マニルカラ等)チーク
白色系(セランガンバツ、サイプレス、ベルダデッキ等)ピニー

1,ソフトウッド・ハードウッド・樹脂デッキのささくれ

ソフトウッドデッキ材

レッドシダー、SPFなどのソフトウッドは、木自体強くないのでささくれは出やすいです。

ハードウッドデッキ材

ウッドデッキ材の樹種により差があります。

ささくれの量イタウバささくれの量
ウリン
マニルカラ
セランガンバツ
イペ
樹脂デッキ

樹脂デッキは、比較的ささくれは出ません。木粉を使用しているから。しかし、樹脂もささくれ、バリがでてきます。例えば、樹脂のビールケースがぼろぼろになっている光景は数度、見ているのではないでしょうか?樹脂デッキは、年数は分りませんが、当然、バリがでてくると考えられます。

*樹脂デッキが発売されてからの歴史が短いので、100%のコメントはすることが出来ません。

ソフトウッド・ハードウッド・樹脂デッキのささくれ

2.ささくれ・トゲ・バリの補修・修理・防止対策

◆ サンダー
サンダー

一番簡単なのが、電動サンダーです。気になる場所をサンダーがけすればすぐにささくれは取れます。

紙やすりは

荒い表面・塗装はがし
:40番〜100番
下処理、仕上げ材
:100番〜240番
(大凡のウッドデッキならこの番手で十分。)
木材の艶出し、最終仕上げ
:20番〜800番
◆ サンドペーパー

多少のササクレのみなら、サンドペーパーを使用します。さっとこするだけ、手作業でささくれ、バリを取れます。
とくにフェンスやウッドデッキの手すりはささくれ、バリが木になる箇所ですので、手入れを忘れずに。

◆ 木工ボンドとマスキングテープ
木工ボンドとマスキングテープ

大きなトゲの場合は、木工ボンドとマスキングテープで養生をし、トゲを対策します。

◆ 塗料
塗料

木部用の塗料を塗ることもささくれなどの防止になります。木材は紫外線を浴び続けることで劣化が進みます。

ウッドステインプロ

おすすめの塗料は、ウッドステインプロです。

3.ウッドデッキに対するメンテンナンスの心構え

ささくれ・トゲ・バリを気にしないのもありです。私のウッドデッキは20年選手ですが(下記写真参照)、たまに素足で歩きます。多少の劣化は感じますが、意識して歩けば怪我をすることも無く、全く問題ないです。
天然木の味わいの一つとして、そのものの変化を受け入れるのも良いと思います。

3,ウッドデッキに対する心構え