曲がり・反りのウッドデッキ床材材の張り方

天然木材のウッドデッキ材は、曲がり、反りなどは付物です。
その矯正・張り方は写真では分かりにくい。
そこで、リーベのお客様 大久保様の動画で説明いただいた 「床材・根太材の曲がり・反りの矯正・張り方」をお伝えします。

矯正・張り方の手順

その1
根太等、構造体が完成した時点で床材を並べ、基準になる材を選び、木取りを考えます。  ※始めの内は基準になる変形の最も少ない材を選び、全体の収まりを考えましょう。  (動画の1分50秒目あたりからになります。)
材選び、木取り
その2
いよいよ床面材の張り方です。
バールとクランプを利用したプロも顔負けのグッドアイデアな工法です。
※外に開こうとする木材を人力、特に一般の方が行うのは困難です。

※クランプだけで押さえ込んでも反り、曲がりは若干残ります。
 (動画開始から1分45秒まで)

※ここでバールとクランプの登場。DIYerの超グッドアイデアです。
(動画1分45秒から最後まで。ご覧頂くと必ず試したくなります!)
床面材の張り方

さあ、DIYの方々は、安心して、ウッドデッキ作りを行ってくださいませ!

Youtube 全動画はこちら

関連商品

ウッドデッキ

無料デッキサンプル

天然木

人工木・樹脂木

防腐防蟻注入材

塗料

必須デッキ関連商品

カット・製材

特注製材

シロアリ・防蟻剤