ウッドデッキ専用のビス、ネジ

ウッドデッキにおすすめのビスを紹介

ウッドデッキやウッドフェンスをDIYで作るときは、コーススレッドがおすすめです。
コーススレッドは粗目造作ビスともいい、ネジ山の目が粗いビスを指します。
木材に下穴を開けることなく作業が出来、一回転当たりの入り込みが深く、作業性も高いのが特徴です。

ビスの材質は、耐蝕性があり錆びにくいステンレス製がよいでしょう。

リーベでは、ハードウッドやソフトウッド用のビス、皿取錐を厳選して販売しています。
ウッドデッキやウッドフェンス作りに大きく役立つ、コーススレッドや皿取錐の解説をしていきます。

ウッドデッキ用ビス、ネジ 比較表

品名画像対応樹種形状素材特徴1本単価(目安)
錐込隊長錐込隊長イペ
ウリン
イタウバ
セランガンバツ
フレキステンレス
410
ねじ切れしにくい
錐先形状
十字穴
51mm
約17円
デッキワン+デッキワン+イペ
ウリン
イタウバ
セランガンバツ
フレキステンレス
410
下穴いらず
錐状先端
四角穴
55mm
約51円
デッキスレンダービスデッキスレンダービスイペ
ウリン
イタウバ
セランガンバツ
フレキステンレス
305J1
非常に錆びにくい
四角穴
ねじ切れしにくい
55mm
約35円
ウッドデッキ材用ビス(ダンドリビス)ウッドデッキ材用ビス(ダンドリビス)イタウバ
ベルダ
ソフトウッド
フレキ鉄/ステンレス
304
下穴必要
四角穴
50mm
15円
ステンレスコーススレッドステンレスコーススレッドベルダ
ソフトウッド
フレキステンレス
410
最安51mm
約8円
CAMOCAMOベルダ
ソフトウッド
 ステンレス
316
隠れビスで美しい仕上がり
専用ゲージ必要
48mm
約35円

ウッドデッキ用ビス、ネジの選び方

素材で選ぶ

ステンレス
ステンレス

エクステリア施工の場合は、強度が高く錆びにくいステンレスコーススレッドを選びましょう。

スチール(鉄)
スチール(鉄)

ステンレスより強度は劣りますが圧倒的に低価格です。 住宅の内装や家具等のDIYに適しています。

ステンレス300系と400系の違い
耐食性価格硬さ成分
300 オーステナイト系錆びにくい高い焼が入っていなくて柔らかい(ネジ切れしやすい)クロム・ニッケルの合金
400 マルテンサイト系300系より錆びやすい安い焼が入っているので硬い(ネジ切れしにくい。)クロムの合金

形状で選ぶ

頭部の形状

ラッパ
ラッパ

石工ボードや軟らかい木を留めるとき、より保持力がある頭部の形状です。

フレキ
フレキ

頭部座面のリブ加工で部材を座ぐりし、頭部を埋め込みます。堅木への使用に最適です。

ナベ
ナベ

コーススレッド全般の中で、最も一般的な頭部形状です。

皿

頭部をフラットに埋め込めます。 金属やハードウッドには下穴処理が必要です。

ラッパとフレキの違いをもっと詳しく

ビスの頭部分に違いがあります。
斜めに細くなっていく部分に突起が付いているものがフレキ、なにも突起が付いていないものがラッパ。フレキの方が価格は高いが、切れ味が良いのでおすすめします。

ラッパとフレキの違い

穴の形状

十字穴
十字穴

最もスタンダードな形状

四角穴
四角穴

ネジ穴が潰れにくく施工しやすい形状

星穴(ヘクサロピュラ穴)
ラッパ

精密性が高くコンパクトな頭部の形状

ウッドデッキ用ビス ラインナップ

硬質木材用 コーススレッド・ビス 錐込隊長(屋外用): イペ、ウリン、セランガンバツ、アマゾンウリンをはじめとするハードウッド全般

ポイント:「ネジ切れ」を起こしにくいビスがベスト!

ハードウッドデッキ施工なら絶対に硬質用木材用 コーススレッド! プロの大工も大絶賛した信頼・施工性の高い最上級のコーススレッド。 ネジ切れを起こしにくいので作業効率が格段にUPします。

錐込隊長(きりこみたいちょう)

錐込隊長 (硬質木材専用ビス)のポイント

  • 引き抜き強度が高い
  • サビに強く、強度が高い
  • 焼入処理をし、硬い鋼に仕上
  • 途中でネジ切れを起こしません
  • 下穴は、皿取錐で施工ください
    
材質ステンレスSUS410
カラーシルバー色
表面処理スーパーパシペート
おすすめの木材イタウバ フィエラウリンイペイタウバアマゾンウリンアンジェリーナセランガンバツ
                                         
品番サイズ(mm)入数
(本/箱)
頭径長さ
cs-009/cs-3144.5414001箱10箱
cs-010/ cs-3154.5513001箱10箱
cs-011/ cs-3164.5652501箱10箱
cs-012/ cs-3174.5752001箱10箱
cs-013/cs-3185.2901001箱10箱

錐込隊長(きりこみたいちょう)

錐込隊長 (硬質木材専用ビス)のポイント

  • 引き抜き強度が高い
  • サビに強く、強度が高い
  • 焼入処理をし、硬い鋼に仕上
  • 途中でネジ切れを起こしません
  • 下穴は、皿取錐で施工ください
    
材質ステンレスSUS410
カラーブロンズ
表面処理スーパーパシペート
おすすめの木材イタウバ フィエラウリンイペイタウバアマゾンウリンアンジェリーナセランガンバツ
                                                                                  
品番サイズ(mm)入数
(本/箱)
頭径長さ
cs-425/cs-4324.5414001箱10箱
cs-426/cs-4334.5513001箱10箱
cs-427/cs-4344.5652501箱10箱
cs-428/cs-4354.5752001箱10箱
cs-429/cs-4365.2901001箱10箱

※送料は何点購入しても800円です。(沖縄・離島は別途見積)

硬質木材用 デッキワン+ハードウッドに一発施工

ポイント:下穴なしでハードウッドに一発施工!

デッキ材の留め付け作業負担を大幅に軽減。 木割れ防止。バリの発生も抑えます。

デッキワン+

デッキワン+のポイント

特殊な先端刃先がビスの頭浮きを抑え、打ち込みの空回り防止を強化。
木材の割れによる打ち直しの手間や材料費を軽減

     
材質SUS410
カラーブラウン
おすすめの木材イタウバ フィエラウリンイペイタウバアマゾンウリンアンジェリーナセランガンバツ
品番サイズ(mm)入数
(本/箱)
cs-4455.0×551001箱
cs-4465.0×65851箱
cs-4475.0×75751箱
cs-4485.0×90651箱
デッキワン+

デッキワン+のポイント

特殊な先端刃先がビスの頭浮きを抑え、打ち込みの空回り防止を強化。
木材の割れによる打ち直しの手間や材料費を軽減

     
材質SUS410
カラーシルバー
おすすめの木材イタウバ フィエラウリンイペイタウバアマゾンウリンアンジェリーナセランガンバツ
品番サイズ(mm)入数
(本/箱)
cs-4495.0×551001箱
cs-4505.0×65851箱
cs-4515.0×75751箱
cs-4525.0×90651箱

※送料は何点購入しても800円です。(沖縄・離島は別途見積)

硬質木材用 デッキスレンダービスねじ切れ、頭飛び、ビット穴破損、錆の発生を軽減

デッキスレンダービス

デッキスレンダービスのポイント

ねじ先端と中間部の特殊形状により楽な打ち込みを実現
ねじ頭がデッキ材によく沈むフレキを採用

材質SUS305J1
おすすめの木材イタウバ フィエラウリンイペイタウバアマゾンウリンアンジェリーナセランガンバツ

※木割れしやすい端部や、イペ、ジャラ等の超硬質材には下穴が必要です。
品番サイズ(mm)入数
(本/箱)
cs-3715.5×351001箱
cs-3725.5×451001箱
cs-3735.5×551001箱
cs-3745.5×651001箱
cs-3755.5×751001箱
cs-3765.5×901001箱

※送料は何点購入しても1500円です。(沖縄・離島は別途見積)

ウッドデッキ材用ビス(ダンドリビス)

ポイント:下穴処理は必須!

ハードウッドに使用する場合は、下穴と座掘りが必要です。下穴と座掘りが無い場合、取付中にネジ部が折れてしまう場合があります。木材の種類や成分、環境により、化学反応で周りが変色する場合があります。

※送料は何点購入しても1500円です。(沖縄・離島は別途見積)

ステンレスコーススレッド

ポイント:下穴処理は必須!

リーベで人気のハードウッド イタウバ・ひのきサイプレス、ソフトウッドのウエスタンレッドシダーについては、錐込隊長やデッキワン+以外のステンレスビス・コーススレッドでの施工も可能です。DIYで施工する場合は他のハードウッドと同様に予め皿取錐で下穴処理をしましょう。

※送料は何点購入しても1500円です。(沖縄・離島は別途見積)

CAMO

ポイント:下穴処理は必須!イペやウリンの施工不可

CAMO マークスマンプロ NB は、ウッドデッキ施工専用の工具です。 デッキ表面にビスを打たないで、側面から一定角度に打ち込む独自の設計になっているため、 表面にビスを見せることがありません。

ハードウッドでのビスの打ち方

皿取錐(下穴必須)とビスの長さの選び方

必ず『下穴』をあけて下さい

ハードウッド(ひのきサイプレス、バツー、イペ、ウリンなど)の場合、下穴をあけることは必須 です。

木が硬い場合には、下穴をあけないとコーススレッドが入っていきません。
それだけではなく、コーススレッドの頭が切れてしまう こともあり、取り除くのにも一苦労です。

下穴をあける際に、木の端は割れやすい のでご注意ください。
下穴の深さについては、重ね木の下に少し下穴を開ける程度でOKです。

皿取錐の詳細

■POINT … ネジ切れとは?
ビス(コーススレッド)を材に打ち込む際、ハードウッドなど堅木を使用した場合、材が大変に堅いためビスが負けてしまい、途中でネジの頭が切れてしまう事があります。 ネジ切れを起こすと後が大変です。
残ったビスを取り除く事は、ほぼ困難。 つまり、穴が残って仕上がりがキレイでなくなってしまいます! 切れてしまったビスは使用不能 なので、非経済的な上に 再度ビス打ちが必要になって作業効率も悪くなってしまうのです!

木材(厚み)に対する ビス(ネジ・コーススレッド)の選び方 イメージ

ビス(ネジ、コーススレッド)の長さは、
固定するウッドデッキ材の約2倍の長さ が必要になります。
(右図参照)

20mm 厚の床板を留める場合 … 約40mm のビスがオススメ
38mm 厚の根太を留める場合 … 約75mm のビスがオススメ


皿取錐(さらとりきり)と、ビス(ネジ・コーススレッド)の選び方) イメージ

ビス(ネジ、コーススレッド)の直径に対し、
 -0.7mm~1mm 程度 の皿取錐が最適です。(右図参照)

例)ビスの径が4.5mmの場合、3.5mm の皿取錐が最適です。

» 皿取錐の商品一覧