自由設計と規格型の違い

自由設計・フリープラン・注文ウッドデッキ施工 VS 規格型ウッドデッキに関しての説明をします。
新築を作る際に、自由設計住宅か売り住宅に分れますね。
ウッドデッキは、どうでしょうか?
実は、ウッドデッキも自由設計と規格型に分かれるんです。

新築、リ・ガーデンなどで自由にプランを作り、自分の好きな住宅建材、エクステリア資材など選択し、 理想の家、庭を作れれば最高の気分ですね。。
一方、既存規格型のウッドデッキは、建売のように全てが規格型で、自由に、好きなように作れないで
少し、寂しいですね。

そこで、規格型ウッドデッキと自由設計のウッドデッキを比べてみましょう

規格型ウッドデッキ施工 メーカーのケース

  • ウッドデッキ専門施工会社は、基本自由設計です。
    上記の規格サイズと比べ、基本的なサイズの変更は価格追加はありません。
  • ウッドデッキ専門施工会社は、基礎下地も含めて見積もりをします。
  • ウッドデッキ材は様々なデッキ材料があります。

自由設計ウッドデッキの様々なメリット

  • 施工費用については、細かい部分も全て詳細を提示できる。
  • リビングのレベルとぴったりな高さが出来る。
  • ウッドデッキフェンスの高さの調整が自由
  • ウッドデッキフェンスのデザインはオリジナルも可能
  • ウッドデッキの床材のデザインも自由設計で可能
  • ウッドデッキの形状を丸い形のデザインなども自由設計で可能
  • 洗濯物干し・布団干しの細かい高さ、場所、付加価値の取り付け金具など自由設計で可能
  • 床下収納も自由設計で可能
  • 幕板を取り外し、収納庫にすることが出来る自由設計が可能
  • フェンス、パーゴラなど後付も自由設計で可能
  • 手すりの形、広さ(コーヒカップ?読書?)なども自由設計で可能
  • 束柱とフェンスを使ってベンチやパーゴラが自由設計で可能
  • 夏の日差しが強い場合は、子供さん、ペットなどへ日陰を作る造作も自由設計で可能
  • リビングに設置する室外機をデザインカバーを自由設計が可能
  • 目隠しフェンスを各方向にそれぞれの高さ、デザインを自由設計で可能

PR:
当社リーベは、樹脂ウッドデッキより強い耐用年数のウッドデッキ材を持っています。
せっかくの自由設計ならば、30年、50年を見越せば、自由設計をお勧めします。

ウッドデッキ施工費用の比較

リーベワークスは、自由設計の人工木木を使った樹脂ウッドデッキは勿論、バラエティーに富むハードウッド、ソフトウッド、防腐注入木材などを提案できます。
自由設計樹脂ウッドデッキと大手メーカー規格型ウッドデッキ施工費用は、大凡、自由設計の方が 多少高いです。その高い費用を超えた以上の物があります。
必ず、満足しますので、ご検討くださいませ。