人工木材・樹脂木材&天然木材ウッドデッキの腐食

根本的にウッドデッキは必ず、腐ります。
リーベは20年以上、ウッドデッキの腐りを見ています。その経験を持って、お客さが後悔、不安にならないように事実を教えます!

天然木材と人工木材・樹脂木材のウッドデッキ材を劣化させる、腐らせる原因は、湿気、腐朽菌、カビ、シロアリなどです。
その中でも一番の原因は湿気・水分です。
じめじめと湿った環境、状態の時におこります。
風が通らない、ウッドデッキの下に水が溜まってしまうと湿気が高くなり、腐ります。
その他、プランターをデッキの床に置いておくと腐ります。
それが、腐りの原因です。

劣化・腐りの対処・改善

  • 風が抜ける場所がベスト
  • ウッドデッキの床下に水ハケが良くすること
  • 幕板を完璧に張ってしまうと風が通らないのでまずい

腐りの対処・改善

天然木材のウッドデッキ 腐り

*防腐・防蟻剤などを塗布しない条件での説明です。

日本は森林国なのですが、あまり木材を知らない方が多い。
ソフトウッド、ハードウッドの単語は、認知度 1%程でしょうか?
硬木、軟木も同様だと思います。

結論:ハードウッド(かなり腐り難い)が一番腐りにくい。但し、通常の環境ならば、ほぼ30年以上腐りません。
30年以上の寿命の樹種はイタウバ マットグロッソ産、ウリン、イペ、イタウバ フィエラは腐りに強い。
ハードウッドの販売はこちら>>
屋外で使用する天然木材のウッドデッキ材の腐りの特徴をお伝えします。

★屋外用の人工木ウッド

人工木材・樹脂木材は、2010年前後から発売されています。故、寿命はコメントはできません。 但し、大手メーカーは2年保証をしています。 人工木の販売はこちら>>

★屋外用のソフトウッド

ソフトウッドとはその名の通り、やわらかい木です。
ソフトウッドー 杉(シダー)、ヒノキ、SPF材、松 ー などは、2~4年前後で腐ります。
ソフトウッドに高品質な防腐防蟻加圧注入加工をすれば、15年以上腐らない。

(杉材・スギ・シダーやヒノキ・桧・檜)
*柔らかい=加工が簡単
*比重は、0.2~0.5未満 


やわらかい故、
・水が浸透する
・傷がつきやすい
・腐朽菌も早くなる

耐用年数 約2年~約5年


参考:
日本は森林国なのですが、あまり木材を知らない人が多い。
ソフトウッド、ハードウッドの単語は、認知度 1%程でしょうか?
是非とも、ウッドデッキ材料の選択を判断していただければ幸いです。

おすすめの屋外用ソフトウッド

ウエスタンレッドシダー

*防腐防蟻加圧注入加工ウッドデッキですが、
耐用年数 10年~20年
防腐木材の販売はこちら>>

ウエスタンレッドシダー

ソフトウッドのおすすめ

大日本ウッド

ベルダデッキ

★屋外用のハードウッド

ハードウッドとはその名の通り、硬い木です。
(杉材・スギ・シダーやヒノキ・桧・檜)
*比重は、0.5~1.1未満 

硬い故、
・水が浸透ほぼしない
・傷がつき難い
・腐朽菌は遅い

耐用年数 約5年~約50年

ハードウッドのおすすめ

イタウバ マットグロッソ州産

ウリン

イペ

イタウバ フィエラ

アマゾン アンジェリーナ

イタウバ マットグロッソ州産

人工木材・樹脂木材のウッドデッキ 腐り

約10年まえから人気になった人工木材・樹脂木材ウッドエッキは、 人気です。
耐久性も高く、耐用年数も長い。
ただ、水分に対して弱い。例えば、空中のデッキの場合、デッキの中に水が入ると 腐ります。当然、50%の成分は木粉なので。

★人工木材・樹脂木ウッドデッキ
50%木粉、50%樹脂で出来た人工木材・樹脂木材ウッドデッキ材は 固い。
*比重は、約1前後 
・水が浸透するとまずい
・割れると水が浸透する

耐用年数 約10年~15年 前後

人工木材・樹脂木材のおすすめ

人工木材 アドバンスデッキ

人工木材 オーロラデッキ

人工木材 プラチナデッキ

腐ったウッドデッキ材の事例

腐ったウッドデッキ材の事例
腐ったウッドデッキ材の事例
腐ったウッドデッキ材の事例
腐ったウッドデッキ材の事例
腐ったウッドデッキ材の事例
腐ったウッドデッキ材の事例

ウッドデッキ材を長持ちさせるために

塗装メンテナンスをすれば、ますます、寿命が長くなります。
ハードウッド(かなり腐り難い)なら、5年前後で塗装メンテナンス
ソフトウッド(軟木)杉(シダー)、ヒノキ、SPF材、松 なら、毎年が理想。

人工木ウッドデッキも5年前後で塗装メンテナンス
おすすめの木部用塗料はこちら「ウッドステインプロ」>>