最終更新:

防腐注入材ホワイトウッドのご紹介

加工のしやすさでDIYに人気のホワイトウッドに、耐久性を高める防腐剤を注入加工しました。
ウッドデッキ材として屋外での使用をおすすめします。

サイズ・価格表はこちら

ホワイトウッドの特徴

ホワイトウッドは、マツ科トウヒ属の常緑針葉樹です。欧州では最もポピュラーな樹種で、クリスマスツリーにも使われています。
柔らかで加工性に優れており、家具材やフローリングとしても人気です。

加圧注入処理

薬剤を木材に浸透させているので、防腐塗装とは耐久性が違います。

動画:加圧注入処理とは 2:09


ラインナップ

モクボーAAC:自然由来で水性の防腐防蟻剤

モクボーAAC:自然由来で水性の防腐防蟻剤

モクボーAACはヤシ油のココナッツを原料にしており、カビ菌にも効果があります。無色で、木肌を生かした仕上がりです。
20年以上の実績があり、注入材は10年以上の耐用年数が期待されます。

モクボーAAC注入加工はこちら

タナリスCY:銅 アゾール系薬剤(CuAz)を日本の風土に合わせて改良

タナリスCY:銅 アゾール系薬剤(CuAz)を日本の風土に合わせて改良

タナリスCYを注入した木材は薄い緑色になり、素材との区別が容易です。1年程でシルバーグレーに変化します。銅イオンの効果により、地中での耐久性に優れています。10年以上の効力が期待されています。

タナリスCY注入加工はこちら

スペック

商品名称:大日本ウッド ホワイトウッド
樹種名:オウシュウトウヒ
学術名:Picea abies
科目:マツ科
原産地:ヨーロッパ
材色:白色~淡い黄褐色 辺材と心材は近い色
比重:0.46
参考耐用年数:防腐注入加工で10年以上(目安)
※上記の値は基準値です。 天然木材のため、すべてが均一ではございません。

品質基準

色の違いについて

色に違いが出ることがありますが、品質に差はなく、問題ありません。
心材部分が赤く、辺材部分が白いという木材の特徴があります。
防腐注入加工後、心材は色が濃く、辺材は色が薄くなる傾向がございます。
色の違い

反り(そり)

床材・板材を水平に置いて、横から見ると「山のような形」になるのが「反り」です。
基本的には、手で押せば問題ありません。

大日本ウッドの場合下記サイズの反りまでが許容範囲内となり、交換対応はできません。

・3000mm の長さの場合 ― 4.0cm
・2000mm の長さの場合 ― 3.0cm

曲がり

床材、根太、角材、束材は、大なり小なり曲がりがあります。
曲がりの矯正は、クランプを使用すれば、直線になります。

大日本ウッドの場合下記サイズの曲がりまでが許容範囲内となり、交換対応はできません。

・3000mm の長さの場合 ― 2.0cm
・2000mm の長さの場合 ― 1.5cm

節抜け

節がたくさん含まれるため、下記のような節抜けございます。
節抜けがあっても品質基準内となりますのでご了承くださいませ。
節抜け防腐注入材施工事例

節抜け防腐注入材施工事例
  • 板材は「片面は許容」とさせていただきます。両面に品質許容外の問題がありましたら、返品・交換の対象となります。
  • 品質基準内の商品については、返品・交換はお受けできません。
  • 施工後・加工後の返品やクレーム、施工費の負担等については、一切お受けできません。

ウッドデッキ材の品質基準はこちら