セランガンバツの塗料と塗装

セランガンバツの塗装

ハードウッドのデッキ材 ウリン、アマゾンウリン、イペ材などは塗料がなかなか染みていきません。ハードウッドの中で唯一、セランガンバツだけはよく塗料が染み込むので塗装が楽です。

セランガンバツは多くの公共事案で採用されていますが、その際に使われる塗料といえば赤系の塗料です。
赤色の塗料が一番美しく、高級感が出ます。この赤色の塗料 「ジャラオイル」をリーベはおすすめします。
又、ジャラオイルに次ぐ、塗料はキシラデコールです。人気の塗料です。

おすすめの赤系塗料は?

ジャラオイル

それは、ジャラオイルです。
20年ほど前に人気のウッドデッキ材だった、オーストラリア産の高級ジャラ材の色を再現した塗料です。
この塗料は美しい色の他、環境に良い水性塗料、ささくれが減少する、紫外線による木材の色の退色がしない などのメリットがあります。

ジャラオイルの商品詳細ページへ

セランガンバツウッドデッキ材の販売はこちら

セランガンバツの目隠しフェンスの販売はこちら

ウッドステインプロの販売はこちら


ジャラオイルの塗り見本

写真では美しい色に見えませんが、実際に塗装がされたセランガンバツ材は大変、高貴なウッドデッキ材として喜ばれています。
ジャラオイルの塗り見本

セランガンバツに塗装されたジャラオイルの施工例