セランガンバツ材のメンテナンス・手入れ・塗装

セランガンバツ材のメンテナンス

セランガンバツ材はメンテナンスに関しては、ほぼノーメンテナンスです。
ただ、リーベの経験則で、5年に1度くらいはウッドステイン塗料で塗装をすると ダントツに耐久性が高まると思います。
掃除メンテナンスはデッキブラシで水拭きをするのをお勧めします。
いつもきれいになっているウッドデッキは気持ちがいい。

セランガンバツ材の手入れ

アマゾンジャラ材は、ささくれ、細かいささくれが出た場合は、ウッドデッキの床、フェンス手すりなどをサンドペーパー(200番推奨)で削ってください。きれいになります。

基本、塗装は不要です。但し、セランガンバツ材も紫外線により変色します。
夏を越すとシルバーグレーに変色します。
塗料のお勧めは、セランガンバツ材に合う、ジャラオイルの色がおすすめです。