サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲いの作り方

サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲いは優雅であり、癒しを、スローライフを与えてくれる。
ゆとりの時間と心の贅沢を大いに満喫して頂きたいと思います。
DIY自作ならば、冬はストーブ、カーペットなどを充実させたり、カーテンなど真夏の暑さを軽減する工夫や、気密性にすぐれたパッキンを使用など自作DIYで感動のサンルーム・ガーデンルーム・テラス囲いを製作しましょう。

基礎:
基礎は、コンクリート基礎は素人では難しいので、ウッドデッキをベースにし、サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲い を作るのがいいと思います。

断熱:
これはなかなか難しいです。ポリカーボネートのみの壁なので。
冬は、石油ストーブでほっこりでもいいですね。

カーテン:
夏は、当然、熱くなります。そこで、カーテンを使用すればかなり温度が下がります。
天井カーデンは難しいですが、シェード・タープを活用すればいいですね。

材料:
多く使う材料は、木材とポリカーボネートです。
木材は、ハードウッドとソフトウッドを混ぜて、コストパフォーマンスのサンルームを作りましょう。

個人のDIY作品例

フランスの田舎屋風の木製サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲い

フランス風サンルーム1

フランス風サンルーム2

フランス風サンルーム3

フランス風サンルーム4

横・奥 3m×2.5m  高さ2.5m  床上45cmの木造サンルーム
周囲はアクリル。天井はポリカーボネート。木造サンルーム用にイスを作成。

製作費用:約20万
使用した商品:イタウバ マットグロッソ州産、ウリン、ステンレスコーススレッド

BBQや人口芝を敷いてパター練習など 多目的に楽しめるスペース

楽しめるスペース1

楽しめるスペース2

楽しめるスペース3

楽しめるスペース4

楽しめるスペース5

楽しめるスペース6



サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲いは休日等を利用し一人で実働7日くらいで完成
ウッドデッキ床下からの冷気があるので、床にはコルクのジョイントマットを敷きつめラグを敷いた。
石油ストーブを置いて、外は氷点下でも中ではトレーナー1枚で過ごせる快適さです。

製作費用:約40万
使用した商品:アマゾン アンジェリーナ

プロの作った木製サンルーム・ガーデンルーム・テラス囲い

日差しが降り注ぐ木製サンルームで贅沢な空間をつくりました

リーベの施工工事専門店 「リーベワークス」で施工した例です。

リーベワークス施工例1

今まで使われていたアルミフェンスとオーニングを撤去します。

リーベワークス施工例2

フェンス撤去後、サンルームの骨組みをイタウバ マットグロッソ州産材で組んでいきます。

リーベワークス施工例3

サンルームの屋根とつながるパーゴラを取り付けました。上にはポリカーボネートを取り付けたので、雨の日でも大丈夫です。

リーベワークス施工例4

開放的なサンルームは、気候に左右されずお庭を楽しめます。

リーベワークス施工例5

サンルーム上にオーニングも取り付け、日差しの調整ができるようにしました。

リーベワークス施工例6

木製デザインドアを取り付けました。シーリングはアンティーク調を使用。オイルステイン塗装を施しています。

リーベワークス施工例7

ポリカの屋根をつけたパーゴラが設置され、完成。

リーベワークス施工例8

屋根材には、熱線遮断ポリカを使用し、温度を抑えるよう工夫

リーベワークス施工例9

高い天井の特別な空間です

リーベワークス施工例10

お気に入りのファニチャー類を入れるのも楽しいですね