ウッドデッキ史上 一番人気だったサイプレス材 サイプレス材の特徴などを徹底紹介

木材サイプレス材の特徴などをお伝えします。
サイプレス材は、日本で20年前にリーベが日本向けにウッドデッキを開発しました。
サイプレス材はリーベがパイオニアです。
因みに、30年前程にハードウッド(屋外用の木材)の人気木材は、オーストラリアの ジャラ材でした。

ウッドデッキ・外構用の木材の黎明期です。その後、ジャラ材からサイプレス材が大人気になりました。

サイプレス材はブリスベンやケアンズが有名なクイーンズランド州で生殖しています。

20年前には、シドニーの州、ニューサウスウェールズ州にも沢山のサイプレス材が生殖していましたが、全て、国立公園になり、ウッドデッキ材などとして伐採はできなくなったのです。

特性:

  • 耐久性は強大
  • 供給が暗転している
  • アメリカ・欧州では一番の人気
  • 寸法安定が抜群
  • 最上の高級感
  • <木肌の色がばらつきがある。/li>
  • ささくれが出る
鹿児島県工業技術センター様の サイプレス材のテスト結果はこちら>

サイプレスの産地 オーストラリアでの様子

サイプレスの産地 オーストラリアでの様子
サイプレスの産地 オーストラリアでの様子

サイプレスの産地 オーストラリアでの様子
サイプレスの産地 オーストラリアでの様子

場所オーストラリのクイーンズランド州の温帯地帯
ヒノキ科カリトリス亜科 針葉樹(天然木)
別名豪州ヒノキ、オーストラリアひのき
比重0.68(g/cm3)
収縮率柾目0.2%寸法安定は良
強度 
用途外構、フェンス、住宅資材、ウッドデッキ、外壁、杭、柵
耐久性についての現地の声サイプレス材は、針葉樹の中ではトップクラスの強大な耐久性です。
日本上陸してから20年経っても耐久性を保ち続けます。
*但し、白太部分は耐久性は弱い。
木目サイプレス材は日本のヒノキ以上の気品があります。
ささくれトゲはほぼありません。
ねじれ高い安定性。
割れ小割れが多い。耐久性には支障は無い。
シロアリ強大強い
フナクイ虫・腐朽菌強い