サイプレス材 vs ウエスタンレッドシダー メリット・デメリット比較

天然木ハードウッド人気材と言えば、サイプレス材、イタウバ、イペ材、ウリン材、セランガンバツ、アマゾンジャラです。
ソフトウッドの雄は、ウエスタンレッドシダーです。

サイプレス材は、約20年前にリーベが、大体的にオーストラリアから輸入し、大人気のウッドデッキ材に育てました。
リーベは、サイプレス材のパイオニアです。
その当時リーベが大人気を起こしたのですが、何がお客様のニーズに当てはまったのか?
その当時のウッドデッキ材は、個人に対して限られていました。SPF材かウエスタンレッドシダーくらいしかありませんでした。そこで、ハードウッド(屋外用の木材)のサイプレス材が認知され、ハードウッドが広がってきてきました。
ソフトウッドの耐久性などその当時は全く、分かっていませんでした。
そこで、耐久性が高く、洋風、和風にもあうサイプレス材が人気になったのです。
ハードウッドの中でも個人様に対しては加工性がいいことも喜ばれたのです。
更に、こなれた価格で販売が爆発したのです。

アメリカでは、ウッドデッキと言えば、ウエスタンレッドシダーなのです。
リーベも米国 カルフォルニア州に行きなんども個人邸を視察をしています。
日本で言えば、伝統のヒノキの感覚です。
アメリカの個人の方々からは、高級な木材と位置しています。
ただ、昨今、ウエスタンレッドシダーの価格が暴騰しているのがきにかかりますね。
ウエスタンレッドシダーは日本でも長い実績があります。ウッドデッキの黎明期に大いにウッドデッキ業界を活性させました。

結論としては、サイプレス材と比べるとウエスタンレッドシダーはメンテナンスが必要。
アメリカ人は、DIYメンテナンスをするのが普通です。しかし、日本人はあまりDIYメンテナンスを行いません。
メンテナンスを出来れば、ウエスタンレッドシダーも良いですが、メンテナンスをしないのであれば、
ハードウッド(屋外用の木材)の選択となります。

 

リーベプロ
リーベワークス
サイプレス材
サイプレス材

個人のお客様は、価格、加工性、耐久性のなど総合的にウッドデッキ材として一番、お勧めします。
レッドシダーと比べるとメンテナンスが一番の差になります。

サイプレス材 詳細ページを開く

ウエスタンレッドシダー
ウエスタンレッドシダー

カルフォルニアの風、米国の至宝レッドシダーは素晴らしいウッドデッキ材です。
加工が楽、素晴らしい香り。
DIYでウッドデッキ作りが簡単

ウエスタンレッドシダー
詳細ページを開く

ウッドデッキ全種一覧
ウッドデッキの作り方
 サイプレス材ウエスタンレッドシダー
価格サイプレス材とウエスタンレッドシダーの価格は、ほぼ同じ。
加工性(カット、下穴など)ウエスタンレッドシダーが断然楽。サイプレス材はハードウッドの中でも柔らかい。
耐久性サイプレス材とレッドシダーの耐用年数と比べれば、メンテナンス無しの場合では、サイプレス材が約5倍の耐久性になります。サイプレス材は凡そ25年。ウエスタンレッドシダーは5年ほど。
弱みウエスタンレッドシダーに比べ、加工性が低い、サイズが少ない。サイプレス材に比べ、耐久性が低い。
強みコストパフォーマンスは、ウッドデッキ材の中で一番。全国どこにでも在庫をもている店がある。親しみがある。
ささくれウエスタンレッドシダーはある程度ささくれが出ることがある。サイプレス材は、ほぼ無い。
サイズウエスタンレッドシダーは大木ですので、大きなサイズ、サイズの多種が可能です。
m3単価(円)平均価格24万円23万円
m2単価(円)板材基準価格6,300円6,000円

※1 サイプレス材は、20年前のウッドデッキがまだまだ問題ない。ウェスタンレッドシダーもほぼ同様。
サイプレス材の白太は、耐久性が弱いです。故、床材は、白太を下にして設置ください。

サイプレス材、ウエスタンレッドシダー それぞれの施工写真