ウエスタンレッドシダー vs タナリス防腐注入杉材
メリット・デメリット比較

結論:
価格・15年耐久・国産材を考慮すればタナリス防腐注入木材杉材がおすすめ。
価格と国産を重要視するならタナリス防腐注入木材杉材、 美しく、香り、カルフォルニアの感じの重要視がウエスタンレッドシダー

ウエスタンレッドシダーは素晴らしいソフトウッド(軟木)材です。
タナリス防腐注入木材杉材も同様に国産杉材(スギ・シダー)の人気のウッドデッキ材です。

どちらかに選択する判断は、下記に記すメリット デメリットをしっかり確認して いただければ判断が出来ると思います。

ウエスタンレッドシダー
ウエスタンレッドシダー

アメリカでは、ウッドデッキはウエスタンレッドシダー と言われるくらい人気です。
日本では約30年もの実績を持つ 素晴らしいデッキ材です。

ウエスタンレッドシダー
詳細ページを開く

タナリス防腐注入杉材(スギ・シダー)
タナリス防腐注入杉材(スギ・シダー)

国産の高い品質の杉材。
加工性が特上、価格も特上、耐久性も特上
杉材の高級感。推奨されるデッキ材です。

タナリス防腐注入杉材
詳細ページを開く

 ウエスタンレッドシダー防腐注入杉材(スギ・シダー)
価格防腐注入杉材(スギ・シダー)が、ウエスタンレッドシダーと比べて何と35%ほど安い※1
加工性(カット、下穴など)同等
耐久性レッドシダーは、塗装などしない場合、3-7年の耐用年数と言われています。一方タナリス防腐注入注入杉材は、15年~25年以上耐用年数です。
高級感レッドシダーの方が断然高級感あり。
弱みレッドシダー : 耐久性が低い、多少の曲がり、価格が高い。高級感は無い。
強み赤い木肌が高級感を醸し出す。ウリン材の代替。激安と言っても良いデッキ材、日本産の木材、加工が劇的に楽。
ささくれ両樹種は、ささくれはあまり無い。
安定性防腐注入杉材は、高い安定。レッドシダーは、普通。
サイズレッドシダーは、日本で一番多彩なサイズバリエーションを持っています。
m3単価(円)平均価格23万円15万円
m2単価(円)板材基準価格6,700円4,700円

※1 リーベはブラジルのハードウッドで一番安いアンジェリーナ材を開発しました。安く、高い品質でお客様にお届けしております。

ウエスタンレッドシダー、防腐注入材 それぞれの施工写真

防腐注入杉材(スギ・シダー) DIYの施工例
防腐注入杉材(スギ・シダー)
防腐注入杉材(スギ・シダー) DIYの施工例
防腐注入杉材(スギ・シダー)
リーベプロ
リーベワークス
ウッドデッキ全種一覧
ウッドデッキの作り方