ハードウッドのウッドデッキ材比較 イタウバ vs イタウバ フィエラ

結論 :コストパフォーマンス・価格で選ぶならイタウバ フィエラ材、 総合的に選ぶならイタウバをおすすめ。
創業23年のウッドデッキのDIYリーベが胸を張っておすすめします。

ハードウッドと言えば、ひのきサイプレス材、イペ材、ウリン材、セランガンバツ、アマゾンジャラも素晴らしいウッドデッキ材ですが、 人気一番はイタウバです。そのイタウバの代替としておすすめなのが、イタウバ フィエラ。


イタウバのパイオニアはリーベです。
リーベがブラジルでイタウバを発見し、大量のイタウバを輸入したところ、大ヒットしました。


同様に、リーベはブラジルで見つけたタダジュバをイタウバ フィエラと名づけ、パイオニアとして日本で販売をしています。

イタウバ vs イタウバ フィエラ

イタウバ-フィエラ
イタウバ-フィエラ

ひのきサイプレス材と同様にコストパフォーマンスは、 ウッドデッキ材業界でもトップクラス。

イタウバ-フィエラ 
詳細ページを開く

イタウバ
イタウバ

イタウバ イタウバは、油分が強いチークと同じ様なウッドデッキ材です。
褐色になると更に高級感が出ます。
耐久性も土に接しなければ50年~100年保ちます。

イタウバ
詳細ページを開く

イタウバ vs イタウバ フィエラのメリット・デメリットと比較

 イタウバ フィエライタウバ
価格イタウバ フィエラが、イタウバと比べて25%ほど安い。
加工性(カット、下穴など)イタウバがイタウバ フィエラより加工性は良い。
耐久性イタウバ フィエラは約15年、イタウバは約30年。ただし、ブラジルでは混ぜて使用され、耐久性にそこまでの相違は見られません。
弱み・欠点曲がり。但し、柾目製材工法であまり無くなっいる。カビが出ることがある・曲がることがある
強み・長所価格が安い。ハードウッドの中では激安と言われている。加工性・油分・価格がこなれている・耐久性が抜群
ささくれささくれはほぼ無い。ささくれはほぼ無い。
安定性両樹種は、普通。
サイズイタウバ フィエラは少ない。今後拡大。イタウバは、普通のサイズラインアップです。
m3単価(円)平均価格29万円39万円
m2単価(円)板材基準価格5,800円7,800円

類似な3樹種との比較

アマゾンジャラ、セランガンバツ、イタウバ フィエラの
当社立米単価

樹種立米単価
アマゾンジャラ38万円
セランガンバツ32万円
イタウバ フィエラ29万円
アマゾン アンジェリーナ29万円

ハードウッド比較表はこちら


イタウバ (英語名 Itauba)

イタウバ
イタウバ フィエラ 

※イタウバとイタウバ フィエラは厳密には違う樹種です。
イタウバ フィエラはタダジュバといいます。
ブラジルでは両樹種が混ぜて使用されており、見た目も似ていることから、リーベがタダジュバをイタウバ フィエラと名づけました。


イタウバ と イタウバ フィエラの施工事例 たくさんのDIYでのデッキ施工例

関連特集ページ

法人専門リーベプロ

施工専門リーベワークス

ウッドデッキ全種一覧

ウッドデッキの作り方