イペ材が日本に届くまでの工程

ブラジルから届くイペ材

イペはブラジル原産のハードウッド木です。
イペ材が生える森は、ブラジルのパラー州、マットグロッソ州の東北エリア。

リーベの検品員がたびたび現地まで訪問し、品質チェックや製材方法を指導しています。
そして出来上がったイペ材は船で輸送され日本に届くのです。

イペ材が日本に届くまでの工程

イペがウッドデッキ用の木材になるまでをご紹介します。

1.森の中でイペを伐採します
2.トラックにのせ、製材所へはこびます
3.製材所でカットし、ウッドデッキの材料へと加工します
4.加工後はコンテナに積めこみ、船に載せて出荷します

イペの物流

リーベの倉庫から全国に配送を行っています。
西濃運輸、エスラインといった路線便と、自社チャーター便にて費用を抑えて配送することを心がけております。
送料のお見積りだけでもご相談ください。

イペのことならリーベにお任せください

リーベは、イペ材の森があるブラジルに定期的に訪問し現場を確認して仕入れをしています。 当社のイペ材はこの様な工程をしっかり確認し、検品をして購買をしているので安心をしてください。 過去、違法伐採がありましたが、今は、政府が厳しい規制をしいており、政府が許可したイペ材のみ日本へ輸出しています。この点も安心してください。

イペの商品一覧はこちら