イペ材 vs セランガンバツ メリット・デメリット比較

天然木ハードウッド人気材と言えば、イタウバ、イペ材、ウリン材、セランガンバツ、アマゾンジャラです。
イペ材は、大凡、25年前にブラジルから輸入され、大人気のウッドデッキ材です。
イペはブラジルの国家の花です。美しい花だけでなく、木材自体の仕様は素晴らしい。
外構もインテリアでも使用されています。ただ、人気故に、価格が高騰しているのは残念です。

セランガンバツは、イペ材よりもっと歴史があります。南洋材が元気な時代にインドネシアから輸入されています。
日本の地理が近いのと、製材技術が上級、そして、安定供給が抜群。
故、セランガンバツは、ハードウッド(屋外用の木材)で一番需要が高いウッドデッキ材なのです。

リーベプロ
リーベワークス
イペ(パオロペ)
イペ(パオロペ)

耐久性、安定性、木目の美しさなど、総合的に高い性能と信頼性を誇り、欠点の少ない人気のデッキ材です。

イペ 詳細ページを開く

セランガンバツ
セランガンバツ

セランガンバツは、大木なので様々なサイズが用意できます。
セランガンバツの丸太が日本に入って来ます。ハードウッド(屋外用の木材)では セランガンバツだけです。

セランガンバツ 詳細ページを開く

ウッドデッキ全種一覧
ウッドデッキの作り方
 イペセランガンバツ
価格イペ材がセランガンバツに対し約38%高。
加工性(カット、下穴など)セランガンバツの方が加工性はイペ材より良い。
耐久性イペ材の耐用年数と比べれば、約半分ではないか。イペが凡そ30年としたら、セランガンバツは15年ほど。
弱みセランガンバツに比べ、イペ材は高い。イペ材に比べ、セランガンバツは寸法安定に劣る。木肌がざらざらすることがある。
強み高級感、日本で約30年前後からの信用のウッドデッキ材・フェンス材です。全国どこにでも在庫をもている店がある。総合的に全てが安定。
ささくれセランガンバツとイペ材はある程度ささくれ、トゲが出ることがある。
安定性イペが最も安定性が高いウッドデッキ材・フェンス材です。
サイズイペとセランガンバツの両樹種は大木ですので、大きなサイズが使用可能です。
m3単価(円)平均価格43万円30万円
m2単価(円)板材基準価格9,300円6,300円