セランガンバツが日本に届くまでの工程と物流

旅するセランガンバツ

セランガンバツの原産地はインドネシアです。大自然の中で育ったセランガンバツの木を現地の工場で製材し、日本に輸出します。 届いたセランガンバツはリーベの倉庫に保管され、お客さまからの注文ごとに全国各地へ配送しています。

セランガンバツがウッドデッキ材になる方法

セランガンバツはインドネシアのカリマンタン島に主に生殖しています。
ジャングルの中で育ったセランガンバツを現地作業員が伐採し、製材工場にて加工しています。

リーベ検品員が現地まで訪問し、品質管理を徹底的に行います。特に注意すべきなのは製材後のサイズや含水率、反りや曲がりがないかどうかをチェックしています。
この品質チェックをしっかり行うことにより、最高品質のセランガンバツをお客様にお届けすることができます。

セランガンバツの産地 インドネシアのカリマンタン島

セランガンバツの品質管理

現地工場にて検品し、クリアした材だけを輸入しています。

  1. 1,現地工場にて検品作業中

    セランガンバツ検品風景
  2. 2, 専用機器でサイズを計測。

    セランガンバツサイズ計測
  3. 3, 不備がある部分を細かくチェックしてはじきます

    セランガンバツチェック

セランガンバツの物流

リーベの倉庫から全国に配送を行っています。

西濃運輸、エスラインといった路線便と、自社チャーター便にて費用を抑えて配送することを心がけております。
送料のお見積りだけでもご相談ください。

セランガンバツの商品一覧はこちら