イタウバの価格・施工費用

イタウバの価格高騰はなぜ起きたか

15年前頃にリーベが初めてブラジルのイタウバを開発し、日本で販売開始しました。
その時のイタウバ材料価格と現在の材料価格を比較すれば、現在の価格は2倍になっています。

何の要因でイタウバの価格が上がってきたか?

  • ブリックスと言われるブラジルの経済発展、インフレーション高、それらの原因でイタウバの価格を押し上げたのです。
  • 世界的に森林を保全するためにイタウバの伐採が大変厳しくなった故のコスト上昇

しかし、イタウバのみ材料価格が上がったのでは無く、ウリン材、イペ材、セランガンバツ材、アマゾンジャラ材も全て同じ様に価格が上がっています。
その中でもベースの価格は、イタウバが一番安いウッドデッキ材です。
イタウバは、多くのハードウッド(屋外用の木材)、人工木・樹脂木と比べて、 仕様を考慮すれば、一番安いウッドデッキ材であると確信します。

イタウバの自由設計ウッドデッキ施工価格費用

ウッドデッキ施工価格費用
はさみ束工法
3万円/M3 ~

ウッドデッキ施工価格費用
在来工法
3.5万円/M3 ~

*諸費用、運賃、デッキの基礎工事、基礎建材(束石、ステンレスコーススレッドなど)、サイズ変更、デッキ材価格など含みます。
*防腐注入木材、ソフトウッドなどは加工が楽なので、見積価格は下がります。

ウッドデッキ施工専門 リーベワークスはこちら

ハードウッドの価格比較

イタウバ マッドグロッソ州産のウッドデッキ材価格はウリンと比べ、約20%安い価格です。
更に、イタウバの兄弟、イタウバ フィエラは約30%安い。

材木名価格比
ウリン100
アマゾンウリン
(アマゾンジャラ)
90
セランガンバツ83
イタウバ80
イタウバ フィエラ70

(2018年 4月のウッドデッキ市場の平均価格)

イタウバ マッドグロッソ州産のウッドデッキ材料価格は、大変、リーズナブルな値段です。
ウッドデッキ施工費用も含めてもハードウッド(屋外用の木材)の中でも一番コスパが高い。
その理由は、イタウバの加工性です。

  • カットする時間、ステンレスコーススレッドを打つ時間が20~30%削減出来る。
  • イタウバは強く、柔らかい木材なので、皿取錐が何本も折れる費用が無い。硬質木材用のコーススレッドを使用しなくても 良い。故、資材が安くなり、ウッドデッキ作りで費用が安くなるのです。
イタウバ マッドグロッソ州産は材料価格、施工価格の両方で、ウッドデッキ価格が安く作れるのです。

イタウバ マッドグロッソ州産 施工例

イタウバ マッドグロッソ州産の施工例
イタウバ マッドグロッソ州産の施工例
イタウバ マッドグロッソ州産の施工例
イタウバ マッドグロッソ州産の施工例
イタウバ マッドグロッソ州産の施工例
イタウバ マッドグロッソ州産の施工例