ウッドデッキ硬木を比較 人気のイタウバVS王道セランガンバツ、ウリン

ウッドデッキ作りで人気のハードウッド木材と言えば、イタウバ、ウリン材、セランガンバツです。


ウリンとセランガンバツは、マレーシア、インドネシアの東南アジア原産。
イタウバは、ブラジル原産の木材です。

セランガンバツは日本でのウッドデッキの歴史の中で一番売れている木材、大きなサイズが取れる、供給が安定している木材です。

ウリン(アイアンウッド、ビリアン)も大人気です。高級感がある色、耐用年数が一番のウッドデッキです。
イタウバは、セランガンバツ、ウリンに比べると比較的新しく流通し始めたハードウッド材で、リーベが初めて輸入販売を開始し、大人気となりました。
イタウバの素晴らしい点は、豊富な油分を含んでいることによる耐久性の高さです。現地ブラジルで実際に使用しているイタウバは、施工後30~40年以上継続して使用されています。
ウリン(アイアンウッド)
イタウバ

イタウバは、チークと同じ様に油分が多いウッドデッキ材です。
褐色になると、更に高級感が出ます。
経年で色落ちし、最後はシルバーグレー色になります。
耐久性も、土に接しなければ50年以上持ちます。

イタウバ マットグロッソ州産

イタウバ パラ州産

セランガンバツ
セランガンバツ

国内の公共建物をはじめ、ヨーロッパのホテルなど世界各地で愛用されているハードウッド材。 耐久性、虫への強さは一級品。

セランガンバツ 詳細ページを開く

ウリン(アイアンウッド)
ウリン

世界最強との呼び声も高い抜群の耐久性。他の追随を許さない美しい木肌が特徴で、多くの公共工事での使用実績があります。

ウリン(アイアンウッド) 詳細ページを開く

イペ(パオロペ)
参考:イペ(パオロペ)

耐久性、安定性、木目の美しさなど、総合的に高い性能と信頼性を誇り、欠点の少ない人気のデッキ材です。

イペ 詳細ページを開く

ウッドデッキ全種一覧
ウッドデッキの作り方
ウッドデッキ材の選び方

 ウリンイタウバセランガンバツ
価格セランガンバツが安く、イタウバは1.2倍。ウリンはセランガンバツより1.4倍ほど高い。
加工性(カット、下穴など)加工のしやすさ イタウバ=セランガンバツ>ウリン
耐久性・寿命イタウバは30年以上、ウリンは50年程度。セランガンバツは約15年。
弱み・欠点価格が高い。木粉によるアレルギーが稀に出ることがあります。イペに比べ寸法安定に劣る。カビが付着することがある。表面がささくれになることが欠点。
強み・長所高級感、高耐久。ささくれ、トゲがほぼ無い、加工性が良い。安定した供給量を保っているため手に入りやすい。
ささくれ多少出るほぼ出ない出る
安定性ウリンが最も安定性が高い。
サイズそれぞれウッドデッキの定番サイズをご用意しています。
m3単価(円)平均価格44万円39万円32万円
m2単価(円)板材基準価格8,800円7,800円6,400円

イタウバ マットグロッソ州産、ウリン材、セランガンバツそれぞれの施工写真

参考:イペについて

※イペは価格が高騰しています。リーベでは、安価で寿命が長いイタウバフィエラを代替としてお勧めしています。
※経年により色落ちして、シルバーグレー色になります。
 イペ
価格セランガンバツが安く、イタウバは1.2倍。イペはセランガンバツの1.7倍。
加工性(カット、下穴など)加工のしやすさ イタウバ=セランガンバツ>イペ
耐久性イタウバ、イペは30年以上。セランガンバツは約15年。
弱み価格が高い。木粉によるアレルギーが稀に出ることがあります。
強み高級感、高耐久。
ささくれ多少出る
安定性高い。
サイズイペは大木ですので、大きなサイズが使用可能です。
m3単価(円)平均価格55万円
m2単価(円)板材基準価格11,000円

イペはウッドデッキ材の王様

イペ材は、ブラジルから輸入され、大人気のウッドデッキ材になりました。
ウッドデッキ材のKINGと言われていますが、価格も高騰しています。
しかし、富裕層向けの設計事務所や住宅会社などからは、今でも根強い人気です。