自転車置き場・サイクルポート・屋根付き駐輪場をDIYで作製

自転車や原付バイクのサイクルポートの材料、作り方・施工方法を説明します。
基本は、ウッドデッキの作り方とパーゴラの作り方をミックスして作ります。
サイクルポートなので、片流れのデザインになると思います。 今回は、片流れをベースに説明します。
又、原付バイクも考慮して寸法を決めましょう。

木製サイクルポート作り方の知識
  • 木材の柱は出来るだけハードウッド(イタウバ、ウリンなど)をおすすめします。
  • 理由は、ハードウッドなら雨ざらしでも耐用年数が非常に高いからです。
  • 柱周りにトタンやポリカボネートを貼るのであれば、ソフトウッドでも問題ないです。
  • しかし、柱の底面には十分防腐剤を塗布し、定期的に防腐剤のメンテをしてください。

  • 支柱は70角の材料で十分です。
  • 基礎は、フェンスブロックを使えば簡単に出来ます。

サイクルポートの骨組みの作り方・施工方法

木製サイクルポートの作り方は、 下記のウッドデッキ・パーゴラの作り方を参照すれば簡単です。 面積が小さいので、簡単に出来ます。

ワンランク上のサイクルポート

雨よけの屋根をつくる。

オススメは、波板ポリカーボネートです。耐衝撃性、透明性、加工性が抜群です。

ポリカーボネートを張る際の注意

  • 下穴が必要です。アクリルは高温になると変形する恐れがありますので、50℃以下の場所でご使用及び保管ください。
  • 温度変化で伸縮をします。
  • キズがつきやすいです。

視界を遮る囲いを作る

囲いは、木材の板を張るのがコストも労力も低くなります。

ハードウッドや防腐注入木材などのサイクルポート施工事例

施工1

施工2

施工3

施工4

施工5

施工6

施工7

施工8

施工9

施工10

施工11

施工12