ウッドデッキ土台 - 束柱(角材)・根太の組立て

ウッドデッキの基礎土台が終わったら。ウッドデッキ材の土台を取り付けます。
デッキの床を支える 束柱・大引・根太材を設置すればほぼ労力は少なくなります。
さあ、楽しいウッドデッキを自作DIYで作ってみましょう

※束材(つかばしら)は基礎の柱のことです。

サンドイッチ工法で組み立てる土台(天然木)束柱材(大引、根太材、柱材、角材)、根太

羽子板付き束石を全て置き終えたら束柱・角材を立てます。
その後、束柱の側面に根太を設置します。根太ピッチは600mm程度です。(※構造により異なります)

束柱が立てた時点で水糸を張り、根太が水平になるように水平器なども使って調整しつつ、束柱に根太をビス(ステンレスコーススレッド、錐込隊長)で設置してください。
もちろん、根太から束柱が飛び出さないように! 10mmを浮かせるのが基本です。

image

最初に根太を設置するのは、「家側から」

全体の張る場所に、根太の設置は正確な水平であることを確認をしてください!!
根太を束柱より10mm高くする基準をしっかり守りましょう。
根太を張るのは、家側からです!その後、3方に根太を張り巡らします。

図


家側から根太を張っていきます

水平器で水平レベルになっているか確認を。
束石の間隔と束柱の間隔は約1mです。

図

ここで羽子板付き束石(基礎石)で水平をとってもよい。 束石の下に砕石を入れて水平調整してもよい。 ここで水平をとれない場合は、束柱で水平を出してください。

ウッドデッキ作りは水平を取ることが大切です。

image

床板を支える根太を張ります。 基本的には床板に対して直角になるようにします。

大引工法で組み立てる土台(天然木) 束柱材(大引、根太材、柱材、角材)、根太

大引き工法・構造の土台は比較的を簡単に作れます。
ウッドデッキの地面の基礎(ピンコロ・束石・平板)に束柱を立て、角材(90角、70角)を束柱に据え付ける。
水平を調節して、金具で束柱と角材を連結させる。
大引きと床板の間に、根太を設置する大引き工法もあります。歪み、強度が増します。
個人邸のウッドデッキならば、根太を除いて、角材のみで大引きを設置するだけで問題はないです。

大引き工法とサンドイッチ工法の比較、メリット デメリット

個人邸のウッドデッキならば、大引き工法とサンドイッチ工法であまり差は無いと思います。
ウッドデッキは住宅のような上からの重量が少ないので、通常の工法・構造ならば強度は、全く問題ないと思います。
大引き工法とサンドイッチ工法の比較、メリット デメリットを記しますが、差はありますが、その差はあまり代わりません。
お好きな工法でウッドデッキを作りましょう。

★大引き工法のメリット

・安定性
・強度が高い

★大引き工法デメリット

・水平は大変

★サンドイッチ工法のメリット

・デッキ材料が比較的低い
・水平が比較的楽になる

★サンドイッチ工法のデメリット

・強度は普通

image

人工木・樹脂木の土台

人工木・樹脂木ウッドデッキのアルミ根太と鋼製束の土台は地面の基礎(ピンコロ・束石・平板)に鋼製束・プラ束を立て、アル根太を設置して水平をとる。
金具で金属用ビスを使って束と根太を固定します。

人工木・樹脂木ウッドデッキの土台の作り方が分かる!