日曜大工で作るウッドデッキ基礎の作り方

DIYウッドデッキの基礎作りの重要項目

1: 基礎の下地作業

難しくはないのですが、体力と時間がかかります。土との戦いです。
束石の下の地面を掘り、基礎地面を固める、又は、テラスがベタ基礎(コンクリート土間)が敷かれている場合は、束石など不要で、基礎用ゴムシートパッキンを敷き、束柱を立てていきます。

2 : 水平

ウッドデッキの基礎を作る際に「水平を取る」のがが一番難しい。


3 :ウッドデッキの基礎に関係する資材

砂利、モルタル、ゴムパッキン、鋼製束・プラ束、羽子板付き束石(ピンコロ、平板、基礎石)束柱材、根太材

さあ! DIYでウッドデッキ基礎を作ってみましょう!

基礎~床張りの作り方の流れ

流れ

基礎作り

束石を置く

束柱を立てる

根太を取り付ける

根がらみを取り付ける

床を張る


ウッドデッキのDIY基礎作り方

1: 地面の下地の作り方

やわらかい地面の場合掘る → 砕石 → モルタル → 基礎石(束石)
通常の地盤の場合砕石 → 基礎石(束石)
傾斜地の場合掘る → 砕石 → モルタル → 基礎石(束石)
コンクリート土間の場合ゴムシート基礎石(束石)

羽子板付き束石、平板、ピンコロの設置方法

地固めをし、束石・コンクリート平板・ピンコロを並べる(束石は羽子板付きの物を使用すると施工がし易い)。
地盤が軟弱な場合は、モルタルを使用してください。地盤が固い場合は砕石・砂利のみで 問題ありません。

羽子板束石を並べる前に水糸を張ると作り方が簡単になります。
*束石の間隔と束柱の間隔は約1mです。

正確な水平を出す事がウッドデッキ作りには欠かせません。 水平は、砕石の量で調整をすると楽です。
また、羽子板土台でゴムパッキンを使用して水平も出せます。
コンクリート土間ならば、ゴムパッキン+羽子板束石を置くだけです。
サンドイッチ工法ならば水平は簡単です。根太で水平を調整できますので、100%水平出しをしなくても問題ないです。

束石を置く

参考: 
縄張り:ウッドデッキの建てる四方の位置を地面に木材などを挿して目印にする。
水盛り:水平の印を目印にする。
遣り方(やりかた):ウッドデッキを建てる回りに建てる板と杭です。束石、根太の水平(レベル)を水糸で標示するために建てる仮設物。

通常の水平(レベル)の出し方

まずは、水平を取るための道具です。
水平を出す為に使う道具 … 水糸、(レーザーレベルはDIYでは使うのは難しい)、水平器、透明ホース

水平の出し方は、まず、透明なホースに水をいれて、水平を図りたい部分の両端にこの印を当ててみます。
もし印よりも水が下になっている場合は、低いということになります。

決めた位置に水糸を張りそれを基準に作成ですが、この方法だと二人の人間が必要で、移動させると水位が変わってしまうので、昔ながらの水盛り缶を使用する方法もあります。
水盛りなら、ペットボトルに透明ホースで自作できますね。水平を取ることはとても大切! そしてとても大変!がんばりましょう。
簡単に水平を出すために プラスチック束・鋼製束・樹脂鋼製束の利用をすれば、かなり水平は簡単になります。

プラ束・鋼製束の特集ページはこちら

水糸
イメージ図

水盛りなら、ペットボトルに透明ホースで自作できますね。
水平を取ることはとても大切! そしてとても大変! がんばりましょう。

アルミレベルimage
[使用例]使用例

大引工法での水平の出し方

大引き工法とは、束柱の上に90×90mmか70×70mmの角材サイズを根太として(この場合「大引」と言う) 使用し、その上にウッドデッキの床材を張りつけていく工法です。
メリットは、構造が簡単で、角材を置くだけの構造工法なのです。
ただし、束柱の水平はしっかり水平になるようにしましょう。

羽子板付き束石・ピンコロ・平板
鋼製束・プラ束・調整束・支持脚
ゴムパッキン
天然木ウッドデッキ・樹脂ウッドデッキ材


工法別の施工写真

大引工法
大引工法施工例写真
大引工法施工例写真
大引工法施工例写真
サンドイッチ工法
サンドイッチ工法施工例写真
サンドイッチ工法施工例写真
サンドイッチ工法施工例写真

基礎作りの工法の施工例写真をご参考に

施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真
施工例写真