床板を張る

ウッドデッキの作り方:床板を張る

ウッドデッキはリビングを広げ、生活空間を広げ、また木の温もりに安らぎを感じます。 家族との憩いの場、友人達との宴会の場など、様々な場面で活躍すること間違いなしです。 皆さんも素晴らしいウッドデッキをDIYで作製してみましょう。

床板を張る

家側から張っていく

※床材には、3~5mm程度の間隔を空け、水はけや通気性をよくする。
※板と板の間に薄い板を挟んで切る。
※反っている木材などは、クサビを打ちながら少々強引にビス打ちをする。

image
端は多めにははみ出して張り、最後に一直線に端を丸ノコなどで切りそろえます。


image
完成!! お疲れ様でした。



ウッドデッキが完成したら、リーベDIY大賞にご応募ください。

image

第一回リーベ大賞 大賞作品 長久様邸

image

第一回リーベ大賞 優秀賞作品 村山様邸

» 自慢のDIY作品を応募しよう!「リーベDIY大賞」

サンドイッチ以外のウッドデッキの作り方

90×90mmの角材を根太として(この場合「大引」と言う)使用してウッドデッキを作製する方法もあります。

羽子板付きの束石に90角を置き、羽子板と90角をビスで連結します。
その90角の上に面材を留めて完成です。

簡単な施行方法ですが、一点注意は、水平を取るのに少々苦労することです。
図面で説明をしているサンドイッチ方式ならば、束柱の高さがバラバラでもサンドイッチをする通し根太で水平を調整をします。