バイクガレージ・バイク保管庫を自作DIYで作製

バイクガレージ・バイク保管庫を自作DIYで作製

オートバイ、バイクの使用材料、作り方・施工方法を説明します。 基本は、フェンスの基礎の作り方、構造のウッドデッキの作り方、屋根のパーゴラの作り方をミックスして作ります。 バイクガレージ・バイク保管庫はサイクルポートより大きくなります。 デザインは、切妻だと難しいので、片流れでの自作DIY作り方が簡易で、安く作れます。

バイクガレージ・バイク保管庫の材料知識

    • 木材の柱は、イペ、イタウバ マットグロッソ州産、ウリンなどの耐久性が高く強度が高い柱をお勧めします。
    • 囲いは、木材(目隠しフェンスのように)、波板トタン、ポリカーボネート(耐衝撃性、透明性、加工性)が抜群です。を貼る。
    • 屋根は、安い木材を使用して垂木+横桟を使用して組む。雨よけはポリカーボネートをお勧めします。
    • 入り口は、ビニールカーテンを使用。1万円以内で購入できます。
    • 支柱は70角の材料で十分です。
    • 基礎は、フェンスブロックを使えば簡単に出来ます。

バイクガレージ・バイク保管庫の骨組みの自作DIY作り方・施工方法:

骨組みの構造の作り方は、
下記のウッドデッキ・パーゴラ・フェンスの作り方を参照すれば簡単です。
面積が小さいので、簡単に出来ます。

ハードウッドや防腐注入ウッドデッキなどのバイクガレージ・バイク保管庫 施工事例

施工事例1

施工事例2

施工事例3

施工事例4

施工事例5
施工事例6

パーゴラに関する特集ページ

ウッドデッキ屋根付きの作り方

エクステリアの日除け特集

木製ウッドデッキのパーゴラと独立パーゴラの作り方

屋上にウッドデッキ・パーゴラ・フェンスをつくる

パーゴラの施工計画と作り方

自転車置き場・サイクルポート・屋根付き駐輪場をDIYで作製

バイクガレージ・バイク保管庫を自作DIYで作製

屋根付きウッドデッキのメリット・デメリット 20選

ウッドデッキ+テラス屋根付きのDIY作り方・施工方法の知識

ウッドデッキ用の手すりのメリット&デメリット

樹脂製ウッドデッキ と 天然ウッドデッキの比較・メリット デメリット

樹脂・人工木デッキ材の無料サンプル&資料請求 激安価格ネット